私のシクロクロスシーズン終わり!CX千葉第二戦の思わぬ落とし穴・・・
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

クロスバイク館のシクロクロッサー藤平です。

 

 

 

 

header02

 

先日開催された「シクロクロス千葉」の第二戦に参加したので

 

その報告になります。

 

 

 

 

開催場所はここ三年間お馴染の「千葉ポートパーク」

 

 

 

ポートタワーの真下に位置する

 

景観の良い公園に設置された特設コースです。

 

 

 

普段は自転車乗車禁止のこの公園に作られるコースは

 

芝生有り!

 

砂浜有り!

 

林有り!

 

高低差有り!

 

 

と、目まぐるしくコンディションが変わる

 

毎年恒例の楽しいコースなのですが

 

今年の第二戦は雨!

 

 

 

例年は雨が降ると芝生保護の為に

 

芝生エリアが短縮になるのですが、

 

今回は開始後に降り始めた為短縮は無し!

 

 

 

コーナーの5割位が逆バンクというレイアウトもあり

 

非常に滑りやすい芝生エリアと、

 

雨で固まった砂浜エリア

 

多数の車輪に踏み荒らされた林エリアの泥という

 

例年とは全く違うコースコンディションに

 

落車が続出します(笑)

 

 

 

 

私の参加クラスはC2という事で、お昼頃のスタート

 

 

現地に到着したのが朝7時半位で

 

雨の中で四時間待ちという地獄(笑)

 

 

 

雨は降り始めていましたが、

 

朝の試走ではまだ路面はドライ気味で

 

林区間に少しテクニカルセクションが追加された以外は

 

例年通りのレイアウトでした。

 

 

 

自分の走る時間帯を考慮し

 

砂浜エリアは潮位の上がった状態を想定して

 

どのラインを走るか考えながら二周試走をしました。

 

 

 

 

朝一番のレースはC3クラス

 

 

自分が走るラインなどの参考になる為、

 

他カテゴリのレースはもちろん観戦します。(重要)

 

 

 

この頃には雨脚も強くなっており

 

段々と路面コンディションが悪くなる芝、林エリア

 

反対に路面が固まって走れるようになる砂浜エリア

 

ライダー達を惑わせます。

 

 

 

C3クラスを走り終えたライダー達に話を聞くと

 

「砂浜で担いだライダーに抜かれたからランの方が良いかも」

 

とか

 

「林の逆バンクはグリップしないのでランにした」など

 

参考になる意見が聞けます。

 

 

 

 

そして時間は進み、11時台の試走

 

 

複数のレースが終わり、

 

逆バンクのコーナーは芝生が剥がれ

 

超スリッピーになっていますし

 

林エリアは練りこまれた泥で全くグリップしません。

 

 

 

 

以前出場した他レースにて、泥用タイヤをダメにしてしまったので

 

リアをサンドタイヤにて参加した私は

 

泥や芝で全くグリップしませんでした(笑)

 

 

 

砂対策も含めて空気圧かなり低めの

 

前後1.2barにセッティングしてレース開始

 

 

 

C2は参加人数22人(DNS4人で実際は18人)

 

 

時間差でマスターズのクラスが先行スタートなので

 

コース上には30人強程のライダーが居ます。

 

 

 

 

スタート位置は最後列から一列前

 

 

千葉のコースはスタート後しばらくは道幅が広く、上りレイアウトの為、

 

C2クラスくらいになると全員がガンガン踏んでいきます。

 

 

 

私もガッツリ踏むつもりだったのですが

 

前列のライダーに道を塞がれ何も出来ずに後退

 

 

 

 

FB_IMG_1551739564763 (※画像は時系列とは異なります) 

 

 

2コーナー手前で最下位まで順位を落とします

 

 

集団走行が苦手なので毎回この流れはやっている気がしますね。(苦笑)

 

 

 

 FB_IMG_1551739993518

(※画像提供はいつもの斎藤さんより。いつもありがとうございます!)

 

上り区間と片斜路の区間を上手く使い

 

砂浜突入までに順位を4つほど上げ一周目の砂浜へ

 

 

 

FB_IMG_1551740188905

(※踏み荒らされていないアウト側ラインを使って砂浜のコーナーを乗車クリア)

 

 

砂浜ライドセッティングですが、

 

踏み固められて路面が出来ている部分以外は乗車が難しいので

 

前のライダーに引っかかり順位はそのまま砂浜エリアをクリア。

 

 

砂浜出口の上り口で二人のライダーをパス

 

 

この時点で順位は11位

(観客からの情報)

 

 

 

 FB_IMG_1551739905313

 

狭い林区間は追い越しがほぼ不可能なので、

 

前走者にプレッシャーをかけつつおとなしく脚を休めます。

(※シクロクロスはメンタルの潰しあいも戦略の一つ)

 

 

 

 

FB_IMG_1551739726174

(※カウンターステアを当てて横滑りを修正)

 

 

林エリアの終盤の上りはかなりドロドロで

 

サンドタイヤは全く駆動力がかけられず

 

木の根や轍などで簡単に滑るので

 

前輪が滑らないようにだけ意識しなんとかクリアします。

 

 

 

その後軽い下りが入って一周完了!

 

 

 

 

人数が少ない事も有り、

 

一周を終えた時点で先行するライダーは視界のかなり先

 

 

実力差的にも追いつくのは難しいと判断し、

 

自分のペースを守る事に専念します。

 

 

 

芝、林区間は空気圧の低いタイヤをいたわり

 

コーナーでペースを抑え、直線で頑張る走法。

 

 

 

砂浜はタイヤに優しいので、ガンガン脚を使っていきます。

 

 

しかし、その戦法に落とし穴があると

 

気付いたのは4周目の事・・・

 

 

 

 

砂浜をハイペースでライドしているので、

 

濡れた車体の各部に砂を被る事になり

 

変速が上手く入らなくなったり

 

ビンディングペダルが入りにくくなった

 

のはまだ良いのですが、

 

砂を咬んだブレーキの摩耗が

 

異常に早くなっていて

 

前後ともにレバーを引いても

 

ブレーキがかからなくなる非常事態!

(※パッドの摩耗によりレバーが引ききれてしまう)

 

 

 

アップダウンのあるこのコースでは、

 

下りで止まれないのは致命的です。

(実際オーバーランや転倒は多発していました)

 

 

 

走り慣れたCX千葉のコースにこんな罠があるとは・・・

 

 

しばらく考えながらなんとか走っていたのですが

 

私の使っているブレーキは「AVID BB7」

 

 

工具無しでパッド位置の調整が出来るモデルなのを思い出し

 

ホームストレートで前輪ブレーキを調整して

 

ブレーキが掛けられるようになりました!

 

 

 

 

FB_IMG_1551740099065 

 

その後は緑のPANASONICに乗ったお兄さんと順位争いをしながら

(一月の一戦目でも争ってた方だった)

 

全6周回のレースを走りきりました。

 

 

結果は7位!

 

 

人数が少なかった事もあり、C2初の一桁リザルトで

 

シーズンを終える事が出来ました。

 

 

コースコンディションの割に転倒も無く走れましたし、

 

ドロドロのレースはあまり経験出来ないのでかなり楽しかったです。

 

 

 

その後は上位カテゴリの走りを観戦し

 

「レベルが違いすぎて参考にならない」

 

と思ったり、

 

参加3組なのにコース上に10人近くのライダーが居るという

 

謎の現象が起きたエンジョイレースを観戦してから帰路につきました。

 

 

 

今シーズンは調子の悪いレースが多く、

 

まさかのDNSからシーズンイン

 

 

じわじわと調子を上げながらシーズンを終われたので

 

個人的には満足です。

 

 

また来シーズンもどんどん参加していく予定ですので

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 


shinjyukucrosssprimgpop

 

 

FB-CRBA

↑ Click!!! ↑

 

 

 

 

【新宿クロスバイク館在庫一掃セール!!】

開催中!!要Click!!! 開催中

 

 

 

 

AU損保バナー

↑Click!!! ↑

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館は即日納車可能!☆☆

即納POP_小

詳しくはClick!!! ↑↑↑

 

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館☆☆

各メーカー別展示で常時300台以上在庫!

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

☆☆お客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

新宿CR営業時間案内バナー【定休日なし】

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/