【スタッフバイク】ジャーマンなエンデュランスロードを快適カスタム☆
by: 藤平悠介

 

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

「スポーツ自転車を買ったけど、部屋のインテリアと化す」

 

ロードバイクで意外に多い現象だったりします。

 

 

私も通勤用バイクばっかり乗っているので

 

ロードバイクがインテリアになってたりします(笑)

 

 

本日は私の部屋にいつも居るエンデュランスな相棒をご紹介いたします。

 

DSC_0483 

corratec

R.T corones

 

 

 モデルイヤーはおそらく2011年の物だったと思います。

 

アルミフレーム、カーボンフォークにティアグラ組みという

 

初心者~ちょっと慣れてきたくらいのライダー向けくらいの

 

扱いやすい価格帯のロードバイクですね。

 

 

購入当時MTBに乗っていたので、姿勢のゆったり目な

 

エンデュランスモデルを選択しました。

 

 

フレームサイズ480mmでトップ長525ミリと

 

一般的なロードバイクよりもスローピングのある形状。

 

シートポストの出る量が長く見えるので、足の短い私にピッタリ(笑)

 

 

パーツを細々交換していたら、フレームセット以外は

 

ノーマルの物が残らなかったです。

 

 

自転車業界あるあるのひとつですね。

 

 

 

DSC_0492

 

最近までノーマルの4500ティアグラコンポで乗っていましたが、

 

触覚ワイヤーの見た目が微妙だったのと、パーツも消耗してきたので

 

4700シリーズのティアグラに交換。

 

 

埃や犬の毛が付いているあたりが、部屋のインテリアになっている

 

現状を表しているようですね(笑)

 

 

 

 

DSC_0488 

 

クランクはカラーを車体に合わせたかったので

 

プラクシスワークス社の物を使用しました。

 

シマノよりもシャフト径が太く、取り付けベアリングも大きいので

 

カッチリとした踏み味です。

 

 

 

 

DSC_0490

 

ペダルはMTBとシューズを共通にするためSPD

 

 

ロードバイク用のペダル&シューズで揃えた方が

 

パワーロスなどは少ないのですが、

 

ガシガシ乗る用のマシンではないので両面拾えるSPDが良いですね。

 

 

 

 

DSC_0496

DSC_0493

DSC_0486

 

ハンドル、シートポスト、ホイールには

 

贅沢にカーボン製パーツを使用!

 

 

オフロードなどで荒く扱うマシンにはカーボンパーツを控えている分

 

ロードバイクにはガンガン使っています。

 

 

AERUS COMPONENTS社のハンドル、KOGA社のシートポスト

 

SFIDA社のホイールと、メーカー統一性は無いです。

 

 

元々エンデュランスなフレームに、振動吸収性の高いカーボンパーツで

 

細かい振動のカットがすごく良くなりました。

 

手持ちの他アルミロードに比べてかなり快適です。

 

 

特にホイールが凄いですね。

 

23mmという超ワイドなリムと、

 

チューブレス(レディ)で組み付けたタイヤで

 

エアボリュームがかなり大きく、乗り心地に貢献します。

 

 

 

 

 DSC_0487

IRCのタイヤはサイドにコシがあって

 

コーナリング中のヨレが少ないのがとても好みです。

 

 

不安だったブレーキ性能も必要十分な効きで

 

カーボンリムの進化を感じますね。

 

 

 

DSC_0494 

 

ブレーキキャリパーはアルテグラグレードの物に交換してあるので

 

引きも軽くしっかり効いてくれます。

 

 

エントリーグレードに近いロードバイクでは一番お勧めのカスタムポイント

 

 

 

DSC_0495

 

サドルはアスチュート製のOEM商品

 

テスト用のロゴが入っていますが

 

イベントのアウトレットで買った私物です(笑)

 

 

色合わせで取り付けたのですが

 

お尻に合わないので近々交換の予定。

 

 DSC_0491

 

 

 

私がCORRATECのバイクを選んだ理由がこの部分

 

「ロープロファイルチェーンステー」です。

 

 

一般的なバイクよりもチェーンステーが下がっており

 

荒れた路面などでチェーンが暴れても、フレームとヒットしにくく

 

塗装剥げなどを減らせます。

 

 DSC_0497

私のマシンは数カ所塗装が剥げていますが、

 

一般的なチェーンステー形状のマシンであればこの程度では

 

済まなかったでしょう。

 

 

ちょっとしたオフロード程度であれば気にせず行ってしまう

 

私の使い方が悪いですね・・・

 

 

 

 

 corratec2019-44

corratec2019-55

 

このチェーンステー形状は、当店に置いている

 

同社のクロスバイクにも採用されています。

 

 

2020モデルからタイヤ幅などラインナップが増えましたので

 

私の一押しです。

 

 

 

 

当店はクロスバイクがメインですが、フラットバー化など

 

ロードバイクカスタムのご相談も承ります。

(※レース向けのカスタムなどは別店舗をご案内する場合がございます)

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 


 

 

 

 乗換キャンペーンポスター

 

bnr_2020model

新宿クロスバイク館に続々入荷中♪ ↑ Click!!! ↑

 

 

FB-CRBA

↑ Click!!! ↑

 

 

安心を手に入れる!

盗難補償とロードサービス!さらに特典付き

 

auau

↑Click!!! ↑

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館は即日納車可能!☆☆

即納POP_小

詳しくはClick!!! ↑↑↑

 

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館☆

各メーカー別展示で常時300台以上在庫!

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

☆☆お客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/