家から出ないで貧乏カスタム☆100円ちょっとのドレスアップを施工してみました。
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

世の中はどこも自粛ムード!

 

自転車を弄ろうにもお店がやってなかったり

 

メーカーがお休みでパーツが入手出来なかったり

 

カスタムを楽しむには困ってしまう現状です。

 

 

しかし、外出自粛の影響もあり

 

通勤などに割く時間が減っている方は多く

 

お休みの日も遊ぶ場所が無いため

 

時間的な余裕は作りやすい環境になっている気がします。

 

 

 

物は手に入らないけど、時間はある。

 

そんな時にオススメなのがDIYです。

 

 

今回は先日私が施工した貧乏カスタム

 

DIYをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0600

 

施工対象はこちらの車体に付けているホイール

 

 

 

 

 

 

 

A50_I1

 

「ディープリムのホイールを履いてみたい」という気持ちと

 

購入時ものすごいお値段になっていた事で

 

購入した一品なのですが、不満点として

 

スポークがシルバーな点が気になっていました。

 

 

本来ここで、自転車店のスタッフとしては

 

「新しいホイールを買おう!」とか

 

「ホイールを自分で組み直そう!」

 

とか思うべきなのですが

 

今回は違うアプローチ

 

塗装で解決してみましょう!!

 

 

 

 

 

 

DSC_0715

 

用意する物はこちら!

 

 

・スプロケット外し工具数点

 

・パーツクリーナー(速乾)

 

・適当なウェス

(要らなくなったシャツやタオルでOK)

 

 

 

そして、超重要なのが・・・

 

 

 

 

DSC_0718

 

油性マジック!!

 

 

 

銀色が嫌なら塗ってしまえば良いというのは

 

一般的な発想だと思うのですが

 

スプレー缶での塗装はマスキングや

 

塗料の飛び散りなどとっても大変なうえ

 

塗膜が強い為、一度塗ったら元に戻すのは大変・・・

 

 

油性マジックでの塗装であれば

 

パーツクリーナーで擦れば簡単に元に戻せます。

(※マットカラー部の場合パーツクリーナーで光沢が出てしまう場合があるので注意)

 

 

 

 

 

 

早速作業開始

 

 

 

 

DSC_0723

 

まずは手始めに前輪を外します。

 

 

脱脂や汚れ取りの為、パーツクリーナーを吹いたウェスで

 

塗装する辺りを拭き拭き。

 

 

このホイールは全然走っていないので

 

前輪はほとんど汚れていませんでした。

 

 

 

清掃、脱脂が終わったら塗装です。

 

 

 

 

DSC_0722

 

試しに一本を半分だけ塗って色味や塗膜の確認。

 

 

色味は良い感じの光沢で、一般的な黒スポークのよう。

 

 

塗膜の強さも普通に触る分には剥がれたりしませんが

 

駐輪ラックや鍵など硬い物と擦れるような事があれば

 

剥げてしまうかなといった感じ。

 

 

この車体で金属ラックを使用する可能性は無いですし

(※そもそもディープリムはラックに入らない)

 

剥げてしまっても塗りなおせば解決です。

 

 

 

感じを掴んだら全体の塗装を開始。

 

塗装のコツの一つが

 

「塗りにくい所から塗る」という事。

 

 

スポーク塗装の場合

 

手が入りにくい内側から塗るのが良いですね。

 

 

 

DSC_0725

 

 という訳でまずは内側一面が完了。

 

 

 

 

DSC_0726

 

ハブ(車軸)付近が少し難しいですが

 

ハブが元々黒い事が幸いし、ハミ出ても分からないので

 

グイグイ塗ってしまいました。

 

 

ペン塗りだと一部のスポークのみ塗る事も簡単なので

 

アクセントとして半分だけ塗ったりするのも面白そうですね!

 

 

 

 

 

DSC_0729

 

表裏を順番にやっていくため

 

スポーク本数×2の回数を塗って完了です。

 

 

 

DSC_0731

 

前輪はスポーク同士の交差が無いラジアル組の為、

 

難易度が低めですが、後輪は交差している組み方の為

 

作業の難易度が高く写真を撮る余裕がありませんでした(笑)

 

 

前輪と違う点として

 

スプロケット(ギア)を取りはずす作業がありますが

 

専用工具さえ有れば簡単な作業の為今回は割愛。

 

 

チェーンオイルなどの付着がある為

 

前輪よりも清掃を丁寧にやりましょう。

 

 

作業時間は前後輪合わせて1時間程度でした。

 

 

車体に取り付けた状態の写真を撮り忘れましたが

 

かなり印象が変わり、個人的には大成功です。

 

 

フレームのカラーに合わせて白黒にまとめてある車体なので

 

やはり足回りのカラーが揃うとビシっと決まりますね。

 

 

カーボンリムのホイールはブレーキ面も黒なので

 

グッと締まった印象に変わりました。

 

 

掛かった金額は油性マジックの購入のみ。

 

あとは手持ちの物で済んだので

 

119円でした。

 

 

こんなに簡単に悩みを解決出来るのであれば

 

もっと早くやれば良かったです(笑)

 

 

自宅でお時間に余裕のあるアナタ!!

 

DIYで愛車の印象をちょっと変えてみませんか?

 

 

是非挑戦してみて下さい。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

20200412

 

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

bnr_2020model

新宿クロスバイク館に続々入荷中♪ ↑ Click!!! ↑

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/