ボルトの緩みは気の緩み!定期的に締めていきましょう!揃えておきたいパーツたち。【その2】
by: 鈴木達也

 

 

どうもこんにちはこんばんは。

 

新宿クロスバイク館スタッフのスズキです。

 

 

やってきました第二弾

 

 

 

あまり連載する事がないのでタイミングを計りかねています。

 

 

 

 

さて、本日はサイクリング中にボルトが緩んでしまった時に

 

持っておいて損がない携帯工具についてのお話です。

 

 

個人的に緩んだ経験があるのは、

 

ハンドルバーやシートクランプのボルトですね。

 

↓このあたり

 

 

 

 

 DSC_0299

 

 

DSC_0300

 

 

 

 

一言に携帯工具と言っても、

 

様々な種類があります。

 

 

例えば何種類の工具がセットになっているか。

 

 

どのくらいのサイズ感なのか。

 

sv-16-l1

 

 

 

いろいろあるかと思いますが、

 

サイズ感に関してはあまり小さすぎない物を。

 

実物を見てからの判断になるかと思いますので、

 

写真だけでは難しいと思いますので、

 

実際に見れる店舗で確認が必須かと思います。

 

 

 

セット内容に関しては3,4,5,6mm辺りの六角と+ドライバー、

 

T25のトルクスレンチもあってもいいかもしれませんね

 

 

 

セット内容に関してはモデルごとに変わりますので、

 

 

 

DSC_0298

 

 

 

 

パッケージを確認の上ご購入下さい。 

 

 

 

正直種類がありすぎても使い切れないですし、

 

大きめの工具の方が作業自体はやり易いことが多いので、

 

あくまでもパッと作業ができるというのがメリットです。

 

 

また、携帯工具と一緒にタイヤレバーやチューブも

 

しっかりと準備しておくのがベストです。

 

 

次回はこういったものをどう運ぶか?

 

サドルバッグについてちょっとお話しできればと思います。

 

 

ではまたー

 


 

 

 

torikumi

 

 

yso

 

 

有料化ポスターイメージ

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/