日本一暑い!?と言われるレースに出てみました。
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

この時期ですし当然ですが

 

暑いですね。

 

 

熱中症のリスクを下げる為には

 

暑い場所を避けるというのは有効な手段ですが

 

暑さに慣れるというのも重要。

 

 

梅雨が明けてから何度か

 

暑さに慣れる為のライドをしてきた私ですが

(リンク⇨第1回 第2回

 

実は目的があっての事。

 

 

 

 

 DSC_0800

 

出場してきました

 

バーニングマンレース

(※ソロ出走の為走行写真は全くありません)

 

 

 

クラスはロードソロ2時間

 

ちょっとしたトラブルで会場入りが

 

試走開始時間ギリギリでした。

 

 

 

 

 

IMG_20200831_162030

 

受付を済ませたら即試走。

 

コースは一周2.8kmの平坦で、風もほぼ無し。

 

 

試走が終わったらレースの準備なのですが

 

会場入りの時間が遅れた為

 

おにぎりを一個だけ口に詰め込み

 

スタートラインに並びます。

 

 

レースはローリングスタート

 

集団走行が苦手な私は最後方の位置取りから発進。

 

 

スタートのフラッグが振られると

 

前方ライダー達のペースが一気に上がります。

 

 

普段走っているシクロクロスのレースに比べれば

 

道幅がかなり広いので、追い越しが楽で良いですね。

 

 

無事第2集団に紛れ込む事に成功

 

このレースで一番人数の多い集団だったと思います。

 

 

集団は40キロを少し超える速度で巡航。

 

空気抵抗などの関係で、集団の方が楽なため

 

出来るだけ食いついていく事にしたのですが

 

身体に異変が起きたのは1時間位の頃。

 

 

腰が痛い。

 

 

普段前傾の強いバイクに慣れていない事もあり

 

普段より強度の高い運動に関節が追い付いてきません。

 

 

集団を乱さないようジワジワと後退し

 

集団最後尾で20分ほど耐えました。

 

 

さらに身体に異変があったのは

 

レース開始1時間20分の頃。

 

 

なんだか身体に力が入りにくい。

 

 

一瞬「熱中症」という言葉が脳裏によぎりますが

 

冷静に症状を考えてみると

 

実際はただのハンガーノックでした。

(※エネルギー切れ)

 

 

おにぎり1個で2時間走れる訳ないですよね(笑)

 

 

集団に残る事は諦め、ピットに飛び込んで

 

カロリーとカフェインの入った物を補給しましたが

 

レース終了まで体調は回復せず。

 

 

腰痛に苦しみながら30キロ程度の速度でソロ巡航し

 

2時間のレースを終えたのでした。

 

 

結果は41位

 

 

エントリー124人のクラスだったので

(※実際の出走人数は確認していませんが)

 

半分よりは上位に食い込めた感じでしょうか?

 

 

見ている範囲でも6回の落車が発生している

 

かなりサバイバルな展開でしたので

 

怪我無く楽しめただけで勝ちです(笑)

 

 

目の前の選手がパイロンに突っ込んで

 

自転車を吹っ飛ばしながら落車したのには

 

肝を冷やしました。

 

 

今シーズンはローラー台で練習している選手が多い為か

 

ハイパワーは維持出来るが実走慣れしていないという

 

落車の要因が多かった感じがしますね。

 

 

そろそろ始まるCXシーズンに向け

 

レースに身体を慣らす良い機会でした。

 

 

 


 

 

 

torikumi

 

 

yso

 

 

有料化ポスターイメージ

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/