【スタッフバイク】樋口のF8組立日記!! vol.2
by: 樋口正和

logo_dogma-f8_blk

 

こんにちは!新宿カスタム店の樋口です!!

 

このシリーズでは技術スタッフというわけでもない僕、樋口が自分用のマシンをフレームから組んでいく様子をお送りさせて頂いております!

 

 

 

このシリーズは現在こんな感じで進行しております

 

Vol.1

 

Vol.2

 

Vol.3

 

Vol.4

 

Vol.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回は予想外なところで躓いてしまいましたが、今回こそはコラムカットです!!

 

 

実は少々コラムカットには自信がなかったため、作業を先輩にお手伝いいただきました・・・!

 

img_5626

 

というわけで

 

img_5627

バイオレーサーで算出した数値をもとに、コラムスペーサーとステムをセットしていきました!

 

本来このフレームには専用のエアロタイプスペーサーやトップキャップ、トップカバーが付属しているんですが・・・

 

通常のステムと組み合わせてしまうと横から見たときにステムだけ凹んでしまうので、通常のスペーサー、キャップ、カバーを別途で買って取りつけております!

 

そもそも専用のエアロステムにすればいいんじゃないの?と周囲からも言われたのですが、その理由は

 

角度が選べない!!

 

F8を選んだ理由のひとつが、ホリゾンタルに近いトップチューブの角度である、という僕にとっては

 

この「角度」という要素は譲る事の出来ないものでした・・・!

 

 

 

そういうわけで選んだのがfiz;k cyrano r1 stem 20°です!

 

これはジオメトリ表によると72°のヘッドアングルを持つはずであるDOGMA F8の 515サイズにつけると、ステムの角度が地面やトップチューブとかなりホリゾンタル(平行)に近づきます。

 

もちろん73°でもよかったのですが、サドルをfiz;kにする予定だったこともあってこちらにしました!

 

まぁそのせいもあってホリゾンタルに近づくどころか通り過ぎて少し下を向いちゃったりするんですが・・・!

 

 

 

 

長さが決まったところでカットしまーす!!

 

img_5628

 

 

 

img_5630

 

こんな感じに仕上がりました!!

 

念のために少し長めにしておいたので、さっきの画像よりもスペーサーが増えておりますが、いらなくなったらまたカットすればいいので問題なし!!

 

 

 

そういうわけでこんな感じになりました!

 

 

img_5632

 

 

コラムカットを行うと一気に進んだ感じがしますね!

 

スタンドをおろしてステムやトップチューブの角度を確認してみました!

 

大体イメージどおりですし、個人的には大満足ですね!

 

 

バラ完の良さはこういうところを最初から拘れるところだと思います。

 

完成車だと最初から決まった角度、決まった長さのステムがついてきてしまいますし、それが自分の好みと一致しているとは限りません。

 

その点、バラ完はすべてをご自身でお選びいただけます!

 

後から買い足したり付けなおしたりせずに、乗り出しからいきなり自分の好みを100%反映した状態になっているというのはやっぱり気持ちいいものだと感じますね!

 

 

 

ということでコラムカット編でした!!

 

今回はトラブルもなくて安心しましたね!!次回もこうだといいなと祈りつつ、作業を進めていきたいとおもいます!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!!

 

気が向きましたら次回もどうぞ、よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

このシリーズは現在こんな感じで進行しております

 

Vol.1

 

Vol.2

 

Vol.3

 

Vol.4

 

Vol.5

 

 

 

 


 

 

 

新宿カスタム営業時間案内バナー_01

新宿カスタム営業時間案内バナー_02

 

新宿カスタム営業時間案内バナー_03