山道はドロハン?
by: 山本 勢太郎


 

 

最近はBianchi好きを前面に押し出しています

 

. . .  が、

 

実はCOLNAGOも乗ってます。

 

img_6967

 

結局イタじゃないか!

 

いや、ANCHORも乗っており、

 

その他も色々乗ってます。

 

 

 

ということで今回はCOLNAGO WORLD CUP で

 

近所の里山を走ってきたのでシクロクロスに関する話。

 

WORLD CUPはアルミフレームシクロクロス

 

標準はDISKブレーキ仕様、

 

台座があるのでキャリパーブレーキ仕様にも出来るフレームです

 

ホイールもリムブレーキ対応だったり、、、

 

 

 

 

 

そもそもシクロクロスと言うものは

 

ロードレーサーのシーズンOFF中のトレーニング競技ともいわれ

 

1周3~4kmの不整地コースを走るというもの。

 

中には階段であったり、策であったりと

 

降りなければ通れない道が用意されている。

 

また、特殊なのはピットでは一人の選手に対して

 

複数台の機材が用意でき、レース中に交換できるところだろう、、、

 

 

 

簡単にまとめてしまうと以下の通りだ。

 

ロードバイクだけれども荒れたフィールドを自由に走れるよう

 

改造し、独自のルールに則って行う競技である。

 

補足として、起源は

 

ロードレーサーのOFFシーズンの

 

トレーニングに用いられる体力を必要とする競技。

 

と言ったところだろうか。

 

 

 

MTBに乗った事のある方は山道やダートコースを走る

 

その辛さや楽しさはご存知かと思います。

 

ロードバイクベースの車体はMTBに対して非常に軽く、

 

重心も高いので操作性に優れているので

 

よほど荒れていなければ山の中を走るのも楽しいです!

 

 

 

結構多いパターンとしては通勤用にご購入される方も

 

目立ちますね!

 

私も通勤に使っておりますが、突然の雨でもDISKブレーキのおかげで

 

制動力も保ったまま、メンテナンスも楽々、と

 

良いことたくさん。

 

現在、カスタム店にもTREKのCROCKETTが

ありますのでご興味ある方はお気軽にお問い合わせください!

 

お電話でも在庫確認、お見積りは承っておりますので

どうぞよろしくお願い致します。

img_0663