facebook 旧ブログサイトはこちら

【社員試乗会】日本のメーカーも乗りました!
by: 秋山裕元

E-BIKE以外にも色々乗ってきました

 

 

問合せも多いLOOK785 

完成車の重量が展示しておりましたので

LOOK 785 Huez RS

 

この仕様で・・・

 

 

5.760kg!!

 

この重量だったら登りもスイスイいけちゃいそうですね

 

残念なことにタイミング悪く乗る機会を逃してしまったので

 

RSではないですが髙橋副店長のインプレをご覧ください

 

 

 

 

 

 

個人的に日本のメーカーが好みだったりするので

ANCHOR

Panasonic

など

乗りましたのでインプレ

 

 

 

 

ANCHOR RL6

従来のRFA6の進化型モデル。

アルミモデル、ロングライド向け、というコンセプトは変わらずより走りに磨きをかけたモデルです、以前RFA6は所有していたことがあったのですが、前のモデルでも感じたのが乗り心地の良さ。

 

 

アルミバイクでありながら、アルミは硬いというイメージを覆すモデルでした

ただ、乗り心地が良くなった分、ダンシング等で体重をかけると力が逃げるような感じはありました、もともと体重が軽いのでそこまで酷く進まないという事はありませんでした。

 

そして進化したアルミバイクRL6をのった感想は、やはり乗り心地が良い!

 

ドムッドムッと路面の衝撃をいなしてくれるのですが、チタンバイクに近い印象を受けました

走りも、グッと力をかければ進んでくれる感じが前のモデルより強くでていて剛性があがっていて進むのに乗り心地が良いマシンに仕上がっておりました。

 

 

 

 

 

 

次に乗ったが

 

ANCHOR RL9

 

RL9はRL8の進化版。

 

ロングライド、ヒルクライム向けのコンセプトは変わらずRL6のカーボン版と言えます

乗り心地に関してはRL6と同じような乗り心地でRL6のパフォーマンスの高さがうかがえます

 

RL8は以前所有しており、RL8は非常に剛性のバランスが良く、ホビーライダーにピッタリな剛性で非常に乗りやすいカーボンバイクでした。

 

RL9はより走りに磨きをかけてレーシーなバイクになった感じです。

勿論ロングライドにも使える乗り心地で一台でマルチにこなすなら非常におすすめです

 

RL6と同じフルクラムレーシング3が付いており、単純にフレームの違いを比較しやすくなっていたのですが、アルミの後にカーボンバイクを乗ると軽い出だしでよく進みます。

最初の出だしの違いを大きく感じますが、RL6もスピードに乗ってしまうと気にならない感じです

自分のペースでロングライドならば、10万円切る価格でフレームが手に入るRL6

レース等のイベント、ハイスピードでのロングライドなんかにはRL9が良いのではないでしょうか?

 

もちろんANCHORなのでカラーオーダーが出来ますのでお好きなカラーで楽しめます!

 

 

 

 

続きまして

Panasonicです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Panasonicといえばチタンとクロモリ

こちらのモデルはチタンモデル最軽量のFRTC01 1230g(550mmサイズ)と軽量チタンフレームにカーボンフォークモデルで走りのチタンフレーム

 

以前乗っていたPanasonicチタンは剛性がチョイス出来るモデルFRT08 Ver.Lを乗っておりました

それと比べて登りが走りやすくなったような気がします。

ジオメトリーなどが関係していそうですが、よりレーシングバイクという感じでした

 

 

 

続いてクロモリ

Panasonicといえばメイドインジャパンなクロモリフレーム

過去にも3台ほどオーダーしております

 

最新のクロモリフレーム ORCC11/FRCC11 完成車かフレームで購入かで名前が違いますが一緒の物です。

 

 

 

 

このモデルは カイセイ8630R カイセイ017のミックスパイプ

さらにトップチューブまでパイプサイズを大きくしておりよりガッチリとした走りとなっています

踏み込んでスピードを上げていっても捻じれる感じがなく踏める人だとガンガン行けそうな乗り味で欲しくなります

嫌な硬さはなく、ロングライドなんかでも活躍しそうです

 

 

このモデルはラグのメッキが選べるところも高級感があり所有欲を満たしてくれる一台ではないでしょうか

 

 

 

 

他にもカイセイ8630Rのみを使用したレーシングモデル

タンゲプレステージを使用したTHEクロモリな一台などクロモリと一口にいっても色々なモデルをPanasonicはラインナップしております

カラーオーダーも出来るので自分だけの一台を作り上げやすいです

 

 

初代パナ、6年前くらいにオーダーしたかと思います

この頃はまだヘッドが一インチでフォークの選択肢が少なかったのを覚えています

カンパのアテナベースでシフトだけコーラスにしております

稀少なシャマルゴールドです

 

 

二代目パナはプレステージで組もうと思いオーダーしたら、プレステージ管に不具合があり納期がかなりかかるとのことだった為、カイセイ8630Rを使用してクロモリフォークVerをレーシングカラーで作ってもらいましたこれも良く走るクロモリでグイグイと伸びる走りが印象的でした

写真は見当たらず

 

 

 

3代目パナ

今度もカイセイ8630Rを使用したモデルでDi2専用フレームでチョイス。

フォークをワンバイエスのカーボンフォークに換えており軽快に走るマシンとなっていました

 

 

 

 

 

Panasonicのクロモリは安くて良く走るのでおすすめですよ