衰えない人気! fi’zi:k R4Bの履き心地のヒミツに迫る
by: 間杉隆矢

 

 

 

 

こんにちは!新宿ウェア館のマスギです!

 

 

 

 

 

 

先日ご紹介しましたfi’zi:kのR5 OVER CURVE

相変わらずとても人気があります!

 

 

 

 

 

 

 

しかし、どのモデルも安定して人気があるのが

 

fi’zi:kのビンディングシューズ。

 

 

 

特にR5の一つ上のモデルに当たるR4Bは、

今でもR5と人気を二分するベストセラーモデルです!

 

 

 

 

 

 

 

先日はR5のフィット感についてご説明しましたので、

本日はこちらのR4Bについて詳しく見ていきます!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20190205_170913

 

 

 

 

 fi’zi:k 

 

 

 

 

 

 

アールフォービー ウオモ

 R4B UOMO  

 

 

 

 

 

カラー:全4色

 

 

 

 

 

 

¥24,800+税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20190205_171718

 

 

 

左が先日ご紹介したR5 OVER CURVE、右が今回ご紹介するR4Bです。

 

 

 

 

どちらもアッパーがナナメに切られています。

 

 

 

 

それもそのはず、OVER CURVEの名前の由来であるナナメに切られたアッパーは

上位モデルであるR4Bから下りてきたテクノロジーです。

 

 

R4Bのフィット感が好評だったから下のモデルにも採用されたんですね~!

 

 

(ナナメアッパーがフィット感が良い理由については先のブログ記事で解説してます)

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのR4Bには、R5に無いさらなるフィット感のヒミツが2つございます。

 

 

 

 

 

 

IMG_20190205_171743

 

 

 

 

まずは一点目。

 

 

 

 

上の画像の通り、足に対して締めこめる箇所を数えると、

R5が三か所に対して、R4Bは四か所締めこむ形状になっています!

 

 

 

 

締めこむ部分が多いほど、足のそれぞれの部位に合わせた締め感を調整できます。

 

 

 

 

 

 

特に日本人は足幅の広い方が多いので、

つま先側に一本増えてるのは嬉しい仕様です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20190205_171811

 

 

 

そしてもう一点!

 

 

上の画像はR5のアッパーです。

 

 

 

パンチング加工されていますが、穴の大きさや形は一定なのが見て取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  IMG_20190205_171837

 

 

 

 

 

そしてコチラがR4Bのアッパーです。

 

 

 

 

わかりますでしょうか?

 

 

 

実は場所によって穴の形や大きさが微妙に違うのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、圧力のかかる所は大きい穴にしてアッパーを柔らかくし、

それ以外の所は小さい穴にして固さとハリを出しています。

 

 

 

 

 

 

この部位に応じて適切なパンチングの形状にする仕様と

先のクロージャーの本数の掛け合わせにより、

R4Bはミドルグレードの不動の地位を築いたのです!!

 

 

 

 

 

 

 

試しに自分も両方のシューズを試着してみました。

 

 

すると、確かにR4Bの方が若干ズレが少なく、

アッパー全体で優しく包まれている感がありました!

 

 

 

 

 

ただしコレは足型との相性ですから、人によってはR5の方があるかもしれません。

 

 

なので気になった方は是非どちらも試しに履いてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20190205_182625

 

 

 

 

 

 

当店にはこのR4Bはもちろん、今回比較の為に出した

R5OVER CURVEも沢山在庫ございます!!

 

 

 

 

 

両方履き比べた上で気に入った方をお買い求め頂けますので

気になった方は是非履きに来てみてください!

 

 

 

 

お待ちしております!!(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/02/05 マスギ