【社内試乗会】物欲SHOCK! 気になるエアロヘルメット!
by: 根本 亨

9月20日(金)に開催されたスタッフ向け社内試乗会での気になるヘルメット

エアロ編です。

エアロヘルメットと言えば…‥

KABUTO AERO-R1が真っ先に浮かびますよねぇ(笑

シールドが付属して注目されているモデルではありますが、

ヘルメット単体で見ても売れる秘密が盛りだくさんなんです!

R1全景 R1正面

まずはヘルメット本体の軽さです!

試乗でお借りしたS/Mサイズでメーカー公表値205g! 

エアロモデルでは他の追随を許さない別次元の軽さです(汗

ブリヂストンの選手もクリテリウムやTT、トラックレースで使えると絶賛しています。

正面から見ると両サイドが非常にすっきりしています。

(きのこに見えませんよねぇ)

ここに秘密が‥‥

R1ヨコ R1サイド

 

 ヘルメットの側部後方に穴をあけていないんです!

これによりサイドの強度が保たれるため、サイドのシェルが非常に薄く出来るんです!

右画像でわかりますかね? めっちゃ薄く仕上がってます。

またヘルメット後部のウエイクスタビライザーにより、

ヘルメット後部に発生する乱気流を整えることで、

TT用のロングテールのエアロヘルメット同等の空気抵抗を実現しています!

そして眼鏡の方がそのまま着用できる専用設計も他ブランドには無いお助け機能付きです!

R1アジャスター R1エア4

上下3段階の調整が可能なXF-7アジャスター採用でフィット感も抜群です。

前方の大きな通気口から後方に風も通るため快適です!

(人差し指側から小指側への抜け)

R1エア R1エア2

軽量モデルのFLAIR同様にヘルメット内側の通気口の溝は深いです。

これらの機能が満載した軽量エアロヘルメットが21,000円は納得プライスですねぇ(笑

エアロモデルをご検討の方におすすめしやすい優秀モデルです!

 

試乗の感想は

シールドを装着してではなく、手持ちのアイウェアでの試乗でした。

エアロモデルの中では各段に軽く、

前面の大きな開口部からの空気の抜け感が良く快適!

軽量であることが1番実感でき、ストレスなく使えました!

 

続いては

個人的に気になっていたLAS VIRTUSです

LAS全景 LAS前

見た目がKASK PROTONEにどことなく似ていて

KASKをこよなく愛する自分に刺さりました(笑

持った感じではR1ほど軽くないですが、なかなか軽量に仕上がってます。

メーカー公表値はSサイズ220gと重量ではR1に軍配です!

どれどれ、試乗の前にじっくり見てみますかな(笑

LAS後ろ LASパッド

 以前のLASには無い丸みをおびたシェイプで後方への風の抜けも良さそうですねぇ。

内側を見ると‥‥  おやっ! 

メッシュ貼りの内装パッドですねぇ。

虫の侵入を防ぐので必要な方も多いのでは。

LASシェル LASアジャスター

シェルが内側全面に貼ってあり仕上がりが綺麗です!

さすがイタリアンブランド! 商品の美しさに妥協無しです!

アジャスターの上下位置調整はKASK VALEGRO同様に細かいピッチですねぇ。

アジャスターの位置を上下に調整できるので、フィット感が良さそうですねぇ。

LAS通気口 LAS内側

メッシュ貼りの内装パッドを外してみると‥…

前方の大きな開口部より後方への風の抜けも良さそうですよ!

通気口の溝も深いですねぇ(笑

さすがLASのフラッグシップモデル!

人気モデルのヴィクトリーの後継モデルだけありますねぇ(笑

では、内装パッドを装着して いざ試乗へ

SONY DSC SONY DSC

試乗の感想は

KABUTO R1と比較するとやや浅いかぶり感ですが、

横幅も広めの設計ですのでMサイズでジャストでした!

前方からの風の抜けも感じられ快適です!

■2つのモデルを試乗した感想は

これまたどちらが良いではなく、“エアロモデル”進化に納得!

数年前のエアロモデルといえば、がっちりしていて重いものが多く

R1とVIRTUSともに非常に軽量に仕上がっていて

レース志向の方意外でも使って頂けます!

個人的にLASは使ったことがなかったので、

このVIRTUSは次の購入の候補になりました(笑

新宿ウェア館ではLASの取り扱いが現状ありませんので、

ご興味のある方は上野ウェア館まで足をお運びください!

この場をおかりして

社内試乗会にご参加頂いた各ブランドの皆様

本当に充実した1日を過ごすことができました。

ありがとうございました。