facebook 旧ブログサイトはこちら

【STAFF BIKE】チタニウムは永遠の輝き~その①~
by: 齋藤 雄介

以前から欲しいなぁとは思っていましたが今を逃したら買えないかもと思い遂にチタンフレームに手を出してしまいました。

 

チタンのおおまかな特徴はスチール並みの強度としなり、アルミ並みの軽さを併せ持った素材。

 

しかし、現在ではより軽いカーボンフレームの登場に加え、加工が難しく価格が高いということもあり扱っているブランドはごく僅か。

 

それでもスチールフレームを持っていた自分としては細めのパイプが好きで、スチールよりも軽くなるのであれば手を出さずにはいられませんでした。

 

基本的にパーツは極力流用することとして購入の条件は

①ホイールは27.5インチ
②リアエンド幅は142×12mmのスルーアクスル
③用途に合ったジオメトリー、サイズ

 

どうせチタンを買うなら1番イイブランドでってことで真っ先に候補に挙がったのが「SEVEN」と「MOOTS」。

 

結果として選んだのは「SEVEN」。

 

オーダーでフレームを作ってくれるので自分に合ったジオメトリーが選べ、27.5インチと142×12mmのスルーアクスルも対応可能でした。

 

 

 img_1960

 

まずはこのようなオーダーシートに従い身体のサイズを記入。他にも以前に乗っていたバイクのモデル名やポジションなどかなり細かい部分まで記入。

 

この時点ではジオメトリーの数値の記入はなくこんな乗り心地、使い方がしたいといった要望を書きます。

 

そして、記入が終わったら輸入代理店にFAX送信。

 

ワクワクしながら待つこと約1周間で返信が。

 

思っていたより早かった。

 

この時点でジオメトリーの他にもワイヤーの取り回しなど細かく確認できこれで良ければサインをすれば製作に入ってくれます。

 

アメリカのエンジニアが設計するのでスタンドオーバーハイトが心配でしたがちゃんと数値に合った物になってました。

 

ちなみに全部英字です(;’∀’)

 

…が、ワタシでも解読できましたっ。

 

ジオメトリーも自分のイメージに近いものでほぼ理想通りでしたがヘッドアングルだけ修正をお願いし、また1週間ほどで返信が…といった感じでやりとりすること数回。

 

遂にサインをし制作のお願いをしました。

 

↓↓そして仕上がったのがこちら↓↓

 

 

seven-sola-s
seven-sola-s-8

 

SEVEN SOLA S

※今回のロットではアクスルシャフトは付属。シートピラーは付属しません(私物)

 

 

seven-sola-s-2

 

seven-sola-s-3

 

上下44mmのヘッドチューブでテーパードコラムに対応。

 

内部まで美しい仕上げり。

 

 

seven-sola-s-6

seven-sola-s-7

 

難しいな曲げ加工もさすがSEVEN。

 

エンド部の作り込みも美しい。

 

DT SWISSのアクスルシャフトが付属していて助かりました。

 

国内では入手が難しいので。

 

 

seven-sola-s-5

 

BBはスタンダードなネジ切りで溶接も非常に丁寧。

 

実は3月中頃には入荷しており、製作に入ってから1ヵ月半ほどで届きました。

 

…サスペンションフォークがないことを言い訳に半年ほど放置していたのは秘密ですっ。

 

次回は形になったものをお見せできるかと…。

 

その②へつづく。


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y