facebook 旧ブログサイトはこちら

【ユル~くチャリ旅】マッタリユッタリライダーヨネヤマの日常編
by: 米山 直樹

マッタリユッタリと毎週のように走ってるヨネヤマですが。

 

毎度毎度どこかに出かけるほど時間があるわけでもなく…。

 

いつも走ってるコースをご紹介しましょう。

 

皆さんご存知かと思いますが、有名なサイクリングロード

 

 

多摩川サイクリングロード(通称『多摩サイ』)

 

 

が僕のホームグラウンドです。

 

僕は川崎の北部に住んでるので(ほぼ神奈川と東京の境)下ると川崎を縦断、

 

上ると奥多摩方面へ行けるという立地条件です。

 

今回は僕が名付けている「下りコース」川崎市を縦断するコース。

 

多摩川の河口まで行って戻ってくるルートです。

 

写真をあまり撮ってないんですが、基本「神奈川側」を僕は走ります。

 

理由としては、整備されている道がほとんどであること

 

(東京側は一部未舗装路なので、MTBだと東京側も走ります)

 

東京側は一部自転車が走れない(降りて通らないといけない)場所があるところが理由です。

 

東京と神奈川の県境辺り(鶴川街道付近)から下っていきます。

 

途中、BBQサイトや、スポーツ公園があるのでスピードには注意です。

 

あと、橋をくぐる際にヘアピンカーブが何カ所かありますので、そこも注意が必要です。対向車もいますんでね。

 

国道1号線まで下ったら東京側に渡ります。これは、神奈川側の道がこの先で無くなってしまう為です。

 

東京都側もここから河口まではしっかり舗装もされていて、全コース中一番走りやすい区間と言えます。

 

暫く下ると多摩サイの0km地点(始点)に到着。

 

 

tama003

 

 

ちなみに赤いラインが自転車、緑ラインが歩行者と分けられています。広いですね。

 

ただ、このように親切に分かれているのはごく一部です。歩行者や横断者には十分注意しましょう。

 

ここまで来ると産業道路とぶつかります。

 

tama001

 

大師橋の下辺りがスタート地点です。

 

tama002

 

その昔、祖父母の家がこの辺りにあったので、ノスタルジーな気分になります。川崎って言うとこの辺のイメージ。

 

そこから永遠戻るルート。全行程で選ぶ道にもよりますが、およそ片道25kmぐらい、往復で50km前後ってとこですかね。

 

奥多摩方面に行くと一部一般道を通ったり、川が分岐するので迷子になったりすることがあります。

 

(僕も昔とんでもない方に行った経験があります)

 

初めての方にはこちらの方が分かりやすいルートではないかな?と思います。

 

また、詳しいルートなどは画像を交えて追々。すごくメジャーなルートなので、色々調べると出てくるとは思いますが…。

 

2016/11/12   ヨネヤマでした。これにて。

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y