旧ブログサイトはこちら

【ユル~くチャリ旅】一日かけてマッタリ行けます。多摩サイ走破マニュアル
by: 米山 直樹

018

 

今回は関東圏のド定番の「多摩川サイクリングロード」

 

マップ作りも兼ねて久々に走破しました。(家からの行き帰り合わせて120kmぐらいでした)

 

まずは自走で前回ご紹介した大師橋まで南下。

 

012

 

 

 

001

 

お昼ぐらいにスタートです!

 

008

 

今回は未舗装路をなるべく避けるルートを取っています(全行程で未舗装は3~400m程です)

 

しばらく左岸(東京側)を走ります(多摩川は上流から見て左岸、右岸と表記です)

 

およそ10kmで舗装された道が無くなりますので、右岸(神奈川側)に渡ります。

 

014

 

丸子橋と言う橋(道でいうと中原街道)を渡ります。目印としては新幹線をくぐった後の橋です。

 

しばらく右岸を走ります。今の時期は護岸工事など多々やってる場所があるので工事車両に注意です。

 

およそ20kmでまた左岸に渡ります。右岸は神奈川と東京の境辺りで道が無くなってしまう為です。

015

多摩水道橋(道でいうと津久井道)を戻ります。写真の分岐を左です。目印は小田急線をくぐった後の橋です。

 

この後少し一般道を走ります。

 

016

 

右が一般道、左に道もありますが、未舗装で結構荒れております。なので分岐を右に。

 

一般道とはいえ、歩道が自転車走行可能区間なので、歩行者に気を付けて走ればさほど怖くはないと思います。

 

しばらく走ると戻る道がありますので戻ります。ここからは舗装もされています。

 

しばし舗装された道が続きますが、アンダーパス(橋の下をくぐる場所)は結構シケインで危ない場所もあります。

 

009

 

まさに絵の通りの急カーブもありますので注意して下さい。

 

そして、この区間はまっすぐの道と、運動公園やグラウンド等多い関係でスピード超過防止の段差が多くあります。

 

勢いよく行き過ぎると本当に危険です、ユックリ走行して下さいね。

 

 

ちなみに、この区間にY’sRoad府中多摩川店もあります。

 

003

 

ここを過ぎると完全にサイクリングロードが一旦終わってしまうので、一般道を走る必要があります。

 

004

この交差点を右へ

 

024

こちら右向いた写真です。なので直進です。

 

005

この交差点を左です(進入禁止ですが、自転車は大丈夫な区間です)

 

ただ、あくまでも一方通行の道なので、ゆっくり注意して走って下さい。

 

突き当りまで行き、左に橋があるので渡り、突き当りを左です。

 

これで、またサイクリングロードが復活します。

 

ただ、この先の立川辺りに支流と交差して分かりづらいポイントがあります。

 

020

 

この橋を渡らずに直進してしまうと迷子になりますので、渡って下さい。

 

公園内に入るので突き当りを左に進むのが正規ルートです。

 

017

 

この辺りは結構風景が良いです(神々しいですね)

 

022

日によっては富士山も見えます。

 

ここからは川を渡ったり、道が分岐したりはほぼないです。迷うことなくゴールまで行けると思います。

 

先程のシケインの絵のように、こちらがサイクリングロードですよ~って表記も多いので、大丈夫だと思います。

 

途中200mぐらい未舗装の道もありますが、学校のグラウンドレベルなので荒れてはいないです。

 

021

 

残りが10km切るころにいつも「上りルート」で折り返し地点にしてる公園が現れます。

 

025

 

自販機やトイレもあるので、休憩ポイントにも最適です。(園内一部未舗装路)

 

ここからは、ずーっと公園内の道をひた走る感じです。歩行者や公園利用者に注意して下さい。

 

ゴールは羽村堰。洪水防止や治水で大きな役割を担っています。

 

010

 

この辺りは水も綺麗です。川崎、羽田辺りとは表情が一変します。

 

 026

 

027

 

歴史のお勉強もできます。

 

 

011

 

007

 

GPSなのと、多少の道のチョイス違いがあると思いますが、大体このぐらいの距離です。

 

006

 

およそ55km、標高差は約120mぐらいですかね。途中休憩しつつ、20~25km/hで3時間ぐらい。

 

一日かけて入るには丁度いい距離と時間かと思います。

 

途中公園などに無料駐車場も多数あるので、お近くまで車で行って走るのも良いかもしれません。

 

ただ、注意点を何点かお伝えします。

 

1:今時期の傾向だとおもいますが、先程お伝えした通り工事している箇所が非常に多かったです。

 

場所によっては自転車を降りて通る場所もありますので、その指示をお守り下さい。

 

2:夜間の走行についての注意です。多摩サイは多くは一般車道と並走する形です。

 

車と向かい合った時に蒸発現象(グレア現象)が起きやすい立地でもあります。

 

(蒸発現象は光と光が重なった部分の物質が消えたように見えなくなる現象です)

 

僕自身も急に人が現れたような感覚に陥り、ヒヤリとした経験が何度もあります。

 

夜間走行は十分お気を付けください。夜走る時は日中の半分ぐらいのスピードでも良いぐらいです。 

 

この辺りを守って頂いて楽しいサイクリングをお楽しみ下さい。

 

一部一般道は走るものの、50kmを超える自転車道は貴重だと思います。

 

 詳しく書きたい部分も多々あるんですが、長くなるので今回は概要をザックリと。

 

また、川沿いマニュアルも更新していきますのでお楽しみに。

 

2016/12/8 ヨネヤマでした。

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y