旧ブログサイトはこちら

【ユル~くチャリ旅】ユル~くプチクライム【地元編】
by: 米山 直樹

先日たまたま長めの連休になったので年末年始に実家に帰れてなかったので帰省してきました。

 

 

ワタクシ地元が静岡県でして、富士山の麓に実家がございます。

 

 

shiraito003

 

まぁ、地元の人間にしたら普通の風景なんですけど。

 

折角地元に帰ったので、普段はやらないようなことをしよう

 

 

そうだ、山に行こう

 

 

と、いう事で普段は車で行くお気に入りの場所に自転車で行くことに

 

 

ここから悲劇は始まります

 

 

地元の馴染のラーメン屋で昼食を済ませ、一路富士山方面へ

 

距離はおよそ20km

 

まぁ大したことは無いだろう、車で3,40分ぐらいの場所である。

 

 

車の感覚とは怖いもので…

 

走り始めたら20kmひたすら登り!!!

 

しかも結構急な場所も!!

 

 

普段からクライム慣れしている人には大したこと無いのかもしれませんが。

 

こちらは「マッタリユッタリサイクリスト」ことヨネヤマ。

 

ゆるやかなサイクリングロードが主戦場であります。

 

息は切れ、水分は枯渇、追い打ちをかけるように、

 

 

富士山寒い

 

 

そう、地元を離れて数年、冬の霊峰富士の厳しさを忘れていました。

 

 

途中最低200回は

 

 

もう諦めて下ろう

 

と、思いました。

 

そこを気合いで乗り切り着いた目的地は

 

shiraito006

 

shiraito005

 

世界遺産にもなっております

 

「白糸滝」

(しらいとのたき)

 

文字通り何個にも落ちる滝が白糸の様に見えるから、と言われています。

 

shiraito007

 

iPhoneのパノラマで撮ってみました。しっかり使うの初めてかも。

 

otodome001

 

手前には「音止の滝」(おとどめのたき)と言う滝もあります。

 

これは、昔曾我兄弟が父親の仇討ちをする密議をする際に音がうるさくてどーにもならなかったらしいんです。

 

ところが神に念じたところこの大きな滝の音が止まったという伝説が由来だとか。

 

まぁ、曾我兄弟のお話に付いては割愛しますが。

 

中々お気に入りの場所なんですが、世界遺産に登録されたからでしょうか。

 

昔はゴチャゴチャとお土産物屋さんとか乱立してたんですが、小奇麗になってました。

 

スッキリはしましたが、なんか寂しい感じもしました。僕は昔の雰囲気のが好きです。

 

また、山の中で交通量が少ないからでしょうか

 

raunnd002

 

raunnd001

 

試験的にラウンドアバウトも実施されていました。

 

あまりの寒さに普段飲まない甘酒とか飲んだりしました。

 

帰りは逆に登り坂はほぼ0!!楽々帰宅でしたが

 

 

余計に寒い!!!!!

 

 

最後まで悲劇は続くのでした。

 

以上です。

 

地図とデータ

 

shiraito001

 

 

ログは帰りの地図を使用してます。富士インター~白糸滝のログです。

 

shiraito002

こちらは行きの標高グラフ

 

どーなんでしょうか?僕的にはかなり登った感じです。

 

最低標高32mから最高標高497mまで登ってます。

 

~今回の教訓~

 

皆さんは冬の装備はしっかりとして山には行きましょう!!

 

 

 

2017/1/31  ヨネヤマでした。これにて。


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y