facebook 旧ブログサイトはこちら

【2018】COMMENCAL(コメンサル)、SEXYなクロモリと頑丈なアルミのハードテイル!
by: 松永 剛


com_18_meta-ht_00

 

 

COMMENCAL【コメンサル】というブランド、新宿本館では数年前から取り扱いをしておりますが、国内ではまだまだメジャーなブランドとは言えませんが、海外では人気のアンドラ公国のブランドです。ヨーロッパでも希少なMTB専門ブランド、しかも結構下り寄りなラインナップです。

フルサスペンションバイクに関しては、独自の機構を使った、ちょっと変わったデザインのバイクがワールドカップでも活躍しておりますが、その他のトレイル系のアイテムが非常に良く出来ているバイクが多いです。

 

新宿本館には2018年モデルとして、あえてハードテイルのフレームを入れてみました。その特色が分かりやすい2台、クロモリとアルミで1台づつ入れてみました。

 

まずはこちら。

 

 

 
com_18_meta-ht-am-crmo_001

COMMENCAL 18 MATA HT AM Cr-Mo

size : M (170~180cm)
カラー : Shine Black
フレーム重量:2.73kg

¥119.800 (税別)

 

 

METAシリーズのハードテイル、オールマウンテン、クロモリパイプという
その名の通りの仕様です。
推奨フロントサスは160mmと、ハードテイルフレームにしては
最長のストロークが推奨です。

 

 com_18_meta-ht-am-crmo_002

 

 

極太へっとチューブは内径44mmでテーパーコラム対応。
上側にZS44、下側にはEC44の規格のヘッドパーツを装備します(別売)

各チューブにはダウンチューブの左右、トップチューブの左側にケーブルを
内蔵するための導入穴があります。すべてのケーブルを内装可能。
細いしなやかな造形が際立ちます。

 

 

 
com_18_meta-ht-am-crmo_003
com_18_meta-ht-am-crmo_004

 

 

曲げ、扁平加工がふんだんに施された、リヤバックのパイプ。
横方向の潰しの入ったチェーンステーはシートチューブではなく
トップチューブに直接溶接されています。距離を長くとり
積極的にしならせる構造です。
チェーンステーも縦横に大きく変形させ、しなりと剛性のバランスを取っています。

非常にバネ感のあるリヤバックは細かい切り替えしなどで有効な俊敏なバイクの
反応に大きく効果を発揮します。

専用の立体成型のチェーンステーガードが付属します。

 

 com_18_meta-ht-am-crmo_005

 

 

BBはプレスフィット方式、ISCG05タブも装備しているので、
フロントシングル+チェーンデバイスといったガチな装備も可能。
ダウンチューブとシートチューブに開いた穴は、ドロッパーポストの
ケーブルの途中通過点です。

 

ハードテイルでダウンヒル遊びから里山ライドまでを楽しみたい方にオススメの1台です。

ちなみにこちらのブラックカラーのジオメトリは2017年からの継続、
2018年から追加になったマットグリーンは若干の変更がされていて、
2018年追加モデルはヘッドが1度寝て、ヘッドチューブ長、トップ長、
チェーンステー長が伸び、適合サスフォークの肩下長が短くなっています。
150mmストロークが推奨になります。
下りの傾向が強いのは2017年からの継続のブラックからーですね。
この辺りはお好みでお選びください!

 

 

2本目のフレームはこちら。

 

 
com_18_meta-ht-tr-origin_001

 

COMMENCAL 18 MATA HT Trail Origin

size : M (170~180cm)
カラー : YEL
フレーム重量:2.05kg

¥89.800 (税別)

 

 

オーソドックスながら、細かいところのつくりが非常によい、
軽量アルミトレイル向けハードテイルです。

 

 com_18_meta-ht-tr-origin_002

 

 

ヘッドチューブは上下ゼロスタックのテーパーコラム仕様。

ある程度ハンドル高を抑えたい時にも助かるショートヘッドチューブです。

 

 

 com_18_meta-ht-tr-origin_003

タイヤクリアランスを大きくとって泥づまりを回避。シートステーは三角断面
チェーンステーは縦長の四角断面のパイプを採用。
専用の立体成型のチェーンステーガードが付属します。

 

 

 com_18_meta-ht-tr-origin_004

 

 

裏側が窪んだトップチューブが実は特徴的なMETAのアルミフレーム。

この部分にケーブルがきれいに収まります。
前後シフトケーブルにブレーキケーブル、外装ルートのドロッパーポスト用
ケーブルの4系統を専用のアルミ製の小物で固定できます。

 

 

推奨サスストロークは120mmのこちらのフレーム、軽快な走りで登りも下りも
楽しめるトレイル~XCなバイクが組みあげられます。

 

 

 

ということで、同じハードテイルのフレームでもここまで用途や仕様が異なります。なかなか面白いと思いませんか?

 

ぜひ貴方の遊び方にあった方を選んでいただければと思います。ご相談おまちしております!

なお、こちらのフレームもY’s Club Cardのポイント還元対象商品です!

 

 

 また、2018年モデルからはワイズロードでコメンサルの取扱いをしているのは当店、新宿本館のみ!お取り寄せも、もちろん可能です!
コメンサルのバイクのご相談は新宿本館のMTBコーナーまで!お待ちしております!

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!