facebook 旧ブログサイトはこちら

自由気ままに伊香保温泉一人旅。温泉・グルメ・ライド行ってきました。-復路-
by: 千原 裕年

もう、だいぶ寒くなりましたね。

まいどどうも、ワイズロード新宿本館の千原でっす。

 

DSC_0196

 

前回、伊香保温泉一人旅-往路-をお伝えしましたが、今回は復路編です。

伊香保温泉にある「松本楼洋風旅館ぴのん」に宿泊しましたが、

到着したのが日没してからになってしまったため朝方写真を撮りました。

 

DSC_0194

 

趣のある旅館ですね、チェックインとアウトを担当してくれた秋山さんを含め

ぴのんのスタッフは皆さん、気さくでとても楽しい思い出が出来ました。

ありがとうございました。

 

DSC_0197

 

ちなみに、朝は07:00に起き朝食バイキングに直行です。

 

DSC_0189

 

群馬の山々が羨望できる大きい会場に様々なメニューが並び

朝から何回もおかわりしてしまい、後で苦しい事に……。

朝食も終わり、チェックアウトのギリギリまで温泉を楽しむとしますか。

 

DSC_0192

 

DSC_0193

 

DSC_0190

 

この日は、入れ替えでこじんまりとした浴槽でした。

しかーし!朝から入浴している好き者が私だけらしく独り占めでした!

ちなみに伊香保温泉に行く際には、ちゃんと温泉の種類を確認すべし!

 

◎伊香保温泉日本の名湯、しかしその温泉は二種類ある?

伊香保温泉は昔から湧いている茶褐色でにごり湯の黄金(こがね)の湯と

平成になり見つかった湯量豊富で無色透明の白銀の湯の2種類が存在します。

個人的には黄金の湯がオススメです。

両方、成分的に良い部分がありますが、黄金の湯はリウマチ、神経痛、筋肉痛、

関節痛、うちみ、くじき、疲労回復、健康増進なんでも御座れなスペシャル温泉。

自転車乗りに嬉しい成分がいっぱいです!

しかし、伊香保温泉街でも黄金の湯を流している宿は限られています。

両方楽しめたり、黄金の湯だけとか、白銀の湯だけとかね。

私の泊まった松本楼は老舗旅館なので両方楽しんで参りました。

伊香保にて宿を手配する際には「渋川伊香保温泉観光協会」 のHPの「泊まる」を

見て頂くと各旅館でどちらの湯が入れるか書いてありますのでご参考ください。

 

DSC_0199

 

さて、朝食、温泉と楽しんだら、もうチェックアウトの10時に。

石段街を名残惜しみながら、榛名山経由で高崎に帰っていきます。

と、いう事で裏ハルヒルのスタートです。

 

DSC_0202

 

綺麗な紅葉を眺めながら、たらたら登っていきます。

通常、榛名山ヒルクライムと言うと高崎市の大森神社から211号線をひたすら進み、

カントリークラブを抜け、榛名神社を超え、榛名湖まで行く、走行距離16km。

榛名神社から榛名湖までの間に最大勾配14%があったりしてキツそうですが、

今回は裏から。しかも伊香保は標高が高くすでに半分登っている様なもん

ですからね、楽勝楽勝と余裕ぶっこいてましたが、

 

DSC_0205

 

うーん、天気と景色が素晴らしいんだけど、お腹が重たい……。

あかん、食い過ぎた。\( ^ o ^ )/

 

まぁ逆に、無理出来ない分自分のペースで漕いでいきますよ。

伊香保石段街から頂上まで1時間くらいだったかな?

せっかくだったらタイム図っておけばよかった……。

 

DSC_0218

 

てか、いつも思うがヒルクライムするようなバイクじゃないんだよなぁ。

フルカーボンだけどフレーム+フォークで1800gあるんだよねぇ。

(最近のアルミバイクより重いんじゃなかろうか……)

榛名湖からはロープ―ウェイも使い榛名富士の登頂に成功しました。

 

DSC_0222

 

しかし、なんか形がスゴイ整った綺麗な榛名富士ですね。

 

DSC_0223

 

まだ、この日11/10は緑も紅葉もまばらでしたが、もう一週間ずれてると

もっと綺麗なんだろうな。来年も来よう。

 

さて、榛名湖を後にして待ちに待ったダウンヒルへと突入!

バンバン飛ばしながら下って行きますが、今回の第二の目的地である、

榛名神社に早々に到着。

 

DSC_0226

 

 

入口の建造物でこの造り。この中の参道は川沿いと林の間を進みながら

向かいますが、落ち着いた雰囲気でとても荘厳。

 

DSC_0229

 

 

ここの紅葉も見事でした。

 

DSC_0231

 

 

ちなみに、榛名神社ですが、現在絶賛工事中でした。残念。

本殿と滝の周辺とか改修工事が終わったらまた、訪れてみたいです。

 

DSC_0236

 

最後に群馬名物の「焼きまんじゅう」で〆です。

グンマ県が舞台の某マンガに出てて食べたかったんですよね。

しかし、この焼きまんじゅうでけぇ!顔と同じくらいのサイズだよ!

で、パクパク頂いたんですが、焼きまんじゅう……饅頭?

なんていうか饅頭っていうより蒸しパン?蒸しパンに甘辛味噌だれを

塗ってカリカリに焼いた感じ。五平餅の蒸しパンバージョン的な?

まぁ、思ってたのとは若干違いましたが、美味しかったです。

お腹も満腹で残りも下り終え。

 

高崎駅から新宿まで輪行して帰ります。ちなみに片道運賃2000円くらいです。

 

DSC_0248

 

ちゃっ、

 

DSC_0249

 

 

ちゃっちゃ。とテキパキパッキング完了。

今回使ったmont-bellのコンパクト輪行袋は超軽量の自転車逆さまタイプの商品。

エンド金具も不要ですので、荷物も減らせて今回みたいな旅行にはピッタリ。

ですが、上手くやらないと写真みたいに自立しないので多少コツが必要です。

ディレーラーも自分で守らなくちゃいけませんからね。上級者向けみたいな?

でも、ボトルケージにねじ込んでおけるのも魅力的なので個人的にオススメ。

店頭価格4,850円です。よろしくお願いします!

 

さてさて、如何でしたでしょう?

群馬県の伊香保温泉ライド、片道150km走れれば行けちゃいます。

たまには都心から離れてマッタリと景色と温泉と自転車を楽しむ旅をしてみては?

今年はもう寒いので、来年の旅の計画に加えて頂けると幸いです。

ではでは、皆様良い旅を。