facebook 旧ブログサイトはこちら

【アイテム】サスペンションポンプってなんぞ?【MTB】
by: 田部隆士

 IMG_5744[1]

 

MTBにはサスペンションが付いてます。前のみ、もしくは前後共。

これらは金属バネ(コイルスプリング)、もしくは空気バネ(エアスプリング)で衝撃を吸収し、また元に戻ります。

このエアスプリングタイプのモデルの空気圧を調整するのが「サスペンションポンプ」です。

当店でご購入頂いた車体にはお客様の体重を目安にしてメーカー推奨値、もしくはお渡し時に『サグ出し』というエアの量を決める作業を行って、それに合わせた空気を充填してお渡ししています。

 

しかし、これはそのままにしておくと空気圧は下がってしまいます。タイヤと同じです。

なので乗る前に確認して空気を充填します。

その時に必須なのが「サスペンションポンプ」なんです。

 

IMG_5745[1]

 

 

GIYO

GS02 SHOCK PUMP

¥3250+TAX

 

IMG_5746[1]

 

 

TOPEAK

POCKET SHOCK DXG

¥5400+TAX

 

IMG_5747[1]

 

 

LEZYNE

SHOCK DRIVE

¥4800+TAX

 

街乗りでMTBをお乗りの方もいらっしゃるかと思いますが、街乗りでも当然サスペンションは活躍してますので空気圧も下がります。

サスペンションポンプなんて初めて聞いたよ!って方は是非お求めください。(当店でエアサス付のMTBを購入された方は納車の際にご説明しているので、もちろんご存じのはずですが・・・w)

 

そして、街乗りでMTBをお使いの方はオフロードを走ってみてください。別次元に楽しいです。

自分はロードバイクばかり乗っていて舗装路のみ走っていたのですが、オフロードを走るといかに「自転車に乗らされていたか」が実感出来ました。補助輪を外したあの日を思い出すくらい挙動が不安定でした。まぁ自分がド下手なだけなんですが。。精進あるのみですね。。

 

 

 

 

 また、今回ご紹介したエアサスでない、金属スプリングタイプのサスペンションが搭載されているMTBにお乗りの方は是非、エアサスへのアップグレードをお勧めします!

 

sus_corner_180819

 

4万円からと高価なパーツではありますが、重量が平均500g以上軽くなったり、体重や走るシチュエーションによってエア圧を変えることでサスペンションの動きを変更することが簡単に出来ます!(金属スプリングの場合は分解して中のバネを交換しないといけないので、手間も時間もお金もかかります・・・)

もちろんサスペンション自体の構造も精度がよくなったりするので、動きも良くなったり、剛性が上がったりと良いことずくめです。

 

新宿本館のMTBコーナー、ちょうどこのサスポンプが並んでいるエリアに様々なサスペンションフォークが展示してありますので、気になるモデルがあればぜひスタッフまで!(当店では、FOX RACING SHOXとROCKSHOXをメインで扱っておりますが、とにかくラインナップが多いので店頭にあるのはごく一部です。お取り寄せももちろん可能ですので、欲しいモデルが無い場合もご相談ください!)

 

 

当店にはMTBが大好きなスタッフが結構いますので、いろいろご相談くださいね!

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!