facebook 旧ブログサイトはこちら

【NewModel入荷情報】ツーリングやゆるキャンにはSPEEDSTERシリーズがオススメです。
by: 千原 裕年

今日も寒いですね。

まいどどうも、ワイズロード新宿本館の千原でっす。

 

 あかん、もう寒くて布団から出られませんわ。

 12月、1月、2月は寒さで体力も気力も奪われて全く動けません。

早く春にならんもんかね。春にはツーリングで色々出かけたい。

そんな春に向けて、ゆるキャンやツーリング、街乗りにも使いやすい、

オールラウンダーで優秀なアルミバイクはいかがですか?

 

 

 

 

SCOTT 18年モデル SPEEDSTER シリーズ

店頭在庫モデル一覧

SE(ULTEGRA) ¥199,000- +tax サイズS(165-175cm)

20(TIAGRA) ¥129,000- +tax サイズXS(160-170cm)、L(175-185cm)

30(SORA) ¥109,000- +tax サイズXS、S、M(170-180cm)、L 

40(CLARIS) ¥89,000- +tax サイズXS、S、M

 

下記、写真のバイクはSPEEDSTER 30 SORA仕様のBLK/GRNです。

各コンポによってカラーリングが変わるのですが、SEだとマットBLK、

20だとBLKに蛍光YEL、40では、WHT/BLK/REDになります。

 

 

DSC_0321

 

 

SPEEDSTERは毎年マイナーチェンジしてるなぁとは思ってましたが、

今年は大きくガラッと変えてきましたね。

まず、エアロチューブを廃止しオールラウンドな丸型パイプに戻しました。

快適性を重視したジオメトリにもなり、更に一般的に使いやすくなりました。

 

 

DSC_0322

 

 

 前年の、SPEEDSTERにはフレームが二種類存在し、

上位コンポのフレームはケーブル内装、溶接痕もなく綺麗なつくり。

下位コンポはケーブル外通しで溶接痕もそれなりでしたが、

今回からどのモデルもケーブル内装に変更され、溶接部分もキレイです。

 

 

DSC_0323

 

 

 そして、最近のSPEEDSTERではダボ関係も充実しております。

フロントエンドにフェンダー(泥除け)ダボ穴とリアエンドにキャリアダボ穴を

設けてあり、街乗りもキャンプやツーリングにも対応した良いモデルです。

 

 

DSC_0325

 

 

更に何といっても標準で28mmタイヤが装備されている点も美味しい。

 

 

下記、SCOTT紹介文抜粋。

 

最大タイヤ幅、28Cまで装着可能なクリアランスを持たせています。
2018年モデルのSPEEDSTERは、キャリパーブレーキモデルで700x28Cのタイヤを採用。
少し太めのタイヤによる高いグリップ感、エアボリュームは、スポーツバイク入門者の購入が多いこのクラスにこそ最適なコンセプト。
事実、海外の小規模ブランドでは多くのモデルで採用されている新しい概念、タイヤ規格です。
振動収束性能ではどうしてもカーボンフレームに劣るアルミフレーム。だからこそ28cが有効なのです。

 

まさしく、その通りだと思います。

街乗り、ロングライド、キャンプツーリングなど

色々な拡張性を持ったアルミバイクとしてオススメです。

 

 


 

 

 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!