facebook 旧ブログサイトはこちら

【メンテノススメ】ディスクブレーキの”薄い”のは危険DEATH!【即交換】
by: 松永 剛

梅雨入りしてしばらくあまり雨が降ってませんでしたが、今日は昼から雨でしたね~。明日は台風接近で1日雨だそうで。

 

お休みの日が運悪く雨だった場合は、バイクのメンテナンスなど如何でしょう?

 

不定期連載企画【メンテノススメ】、都合3回目ディスクブレーキのお話です。以前にもクリーニング方法などについて書いたことがありましたが改めて。

 

 discbrake_mainte-01

 

 

 

ディスクブレーキは、キャリパー内部にあるパッドと、ホイールに取り付けられている薄い金属板のローターが擦れ合う摩擦で車体の速度コントロールを行う制動装置です。

 

この擦れ合うパッドとローター、共に摩耗していくので消耗品です。

 

パーツメーカーでは安全に使用できる限界数値を提示していることがありますが、それはホントに限界値だと思ってください。なので、早めの交換をお勧めしています。

 

 

まずはブレーキパッドの厚みについて。

 

 discbrake_mainte-p01

 

これが新品の状態です。(モデルはシマノのG01Sレジンパッド)
ベースプレート(金属板)の厚みがシマノの場合、おおよそ1.8mmなので
パッドの擦れる部分(摩擦材と言います)の厚みは2.2mm程。

 

 

 discbrake_mainte-p02

 

こちらは使用後のパッドです。
摩擦材の厚みは1mm程度まで摩耗が進んでいます。

 

 

 pad_change

 

シマノでは、0.5mmを限界値としていますが、均一に摩耗してくれるとは限らないので、目安としては1mmを下回るころには交換をお勧めしています。

部品代としてパッドは1000円以下~3000円程。前後だと2セット必要です。

 

交換を怠ると・・・

 

 

 disc_pad_out

 

こんなことに!!

 

こうなると、他の部品にも悪影響を与えてしまい、最悪ブレーキごとの交換をしなければならないかもしれません。というか、停まれませんよ!!

 

 

 

 

続いて、パッドの相棒のローター。

こちらはステンレス系の金属盤なので、パッドと比べると摩耗の速度は遅いですが、確実に摩耗しています。

 

こちらの厚みの限界値は1.5mm

 

 discbrake_mainte-r01

 

こちらも使い込んだローターなのですが、意外と減っていないような・・・?

 

 

しかし・・・

 

 discbrake_mainte-r02

 

 

別の箇所を測ってみたところ、1.5mmを下回っていました。

 

 

この数値の差の原因は、ローターの制動面が均一に摩耗していない為です。

 

 

 discbrake_mainte-r03

 

 

こんな感じで、スジが入っています。
よく見ると、外周部の摩耗が少ないように見えませんか?

 

 

 rotor_mamou

 

分かりやすく大げさに図解するとこんな感じです。

 

パッドの当たりが弱い、完全に当たっていない外周部は摩耗が進行せず厚みが残っています。この為、ノギスで計測した際にその部分が当たってしまい制動面の中心辺りの一番摩耗が進んでいる部分の厚みを正しく測ることが出来ない場合があるのです。

 

こういう場合、ローター外周部に切欠きがあるような形状であればその部分で測ってみると、先ほどの2枚目の写真のように、薄い部分を測ることが出来ます。

 

 

ローターの摩耗速度は遅いので、つい交換を忘れてしまいますが、毎日お仕事などで乗っている方が数年交換を行わないと・・・

 

 

 

こうなります。

 

 

 

 discbrake_mainte-r04

 

 

な・・・なんじゃこりゃああああ・・・!!

 

 

 

 

ローターがあまりにも薄くなってしまい、ブレーキングをしたところちぎれてしまった物です。

 

長い事、MTBのディスクブレーキのメンテをしていますが、こんな状態の物は初めて見ました。最薄部は0.5mm程。よくまあここまで薄く出来た物だと・・・(汗)

 

 

 

ブレーキに不具合があると、肝心の時に止まる事が出来ず、事故に繋がることもあり得ます。

オフロード走行中はもちろん、街中では車や人にぶつかってしまい、加害者になってしまう事も。事故見聞で自転車をチェックした際に、ブレーキにこのような不具合が見られたら、整備不良車両での事故となり重大な過失になります。本当に危険!!

数千円の部品代と整備代をケチったばっかりに、最悪、人を殺めてしまうかもしれません。

 

 

パッド、ローターの交換はお早目に!!

 

 

交換タイミングがご自身で分からない、という方はお店にお持ちください。

テックスタッフが確認して判断いたしますよ~!

 

 

 

ということで、今回はディスクブレーキの消耗品交換のお話でした。

 

雨天走行を行うと、より摩耗が進みます。

これからの時期、雨の中や雨上がりの走行もするよ!という方は是非ご自身のバイクの現状を確認。もし大丈夫でも、梅雨明け頃に再度確認してみてくださいね。驚くほど減っていることもありますよ!

 

 

また、新宿本館のMTBコーナーではシマノのMTB用主要ディスクパッド、ローターを取り揃えています。

 

 discbrake_mainte-02

 

他、MAGURA、SRAM・AVIDも有りますので、ディスクブレーキで悩んだら是非ご来店ください!

 

 

ということで、【メンテノススメ】第3回でした!

 

過去の記事ももしよろしければ~!

 

 

【メンテノススメ第1回】サスペンションをリフレッシュ!【簡易オーバーホール】

 

【メンテノススメ第2回】チェーンだけでなくここも交換必要?【ギア周り】

 

 

それ以前のテック記事

・ディスクブレーキのクリーニング!当店メカニックのオススメはこれ!

・【TECH】貴方のバイクのヘッドパーツ調整、大丈夫??【HOW TO】

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

スキルアップキャンペーン 6月1日(金)~7月1日(日)

6月は夏に向けての準備期間! 梅雨の間に自転車のスキルアップを!

bnr_skillup_2018

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!

 

 

e-Bikeの専門店
Y’s Road KAGURAZAKA(神楽坂) urban e-commuter OPEN!!

ys_kagurazaka
Facebookにて情報発信中です!