facebook 旧ブログサイトはこちら

【イベントレポート】4月はキャラエン、5月はグランフォンドKOMOROに参加してきました!【テックサポート】
by: 松永 剛

komoro19_05

少し前になりますが、4月20日(土)は、弊社でも取り扱いをしております、キャラクターサイクルウェアの販売元のアウローラ主催の【第1回 キャラクターエンデューロ】に、そして先日の5月11~12日には、【グランフォンドKOMORO 2019】にそれぞれ、テックサポートとして参加してまいりました!簡単ではありますがレポートをお送りいたします!

 

 

 

 

4月のキャラクターエンデューロですが、こちらは数年にわたり開催されていたGSRカップを引き継ぐ形で新たに始まった、キャラクターサイクルウェアやコスプレがドレスコードのサイクルイベントです。

 

会場もおなじみの千葉県の茂原ツインサーキット。こちらでタイムトライアルと5時間エンデューロが開催されました。

 

 charaen_190420_1

 

今回も多くの、アニメや漫画・ゲーム等のコンテンツと自転車をこよなく愛する仲間たちがそろってのワイワイと楽しいイベントとなりました。

 

 charaen_190420_2

 

 

 

charaen_190420_3

  

イベントの途中には、お馴染みの『ろんぐらいだぁす!』のトークショーも。

 

今年より、ブシロードへ籍を移して新たに『ろんぐあいだぁすとーりーず!』として連載が再開されました。そのあたりのお話や、今後の展開などについて、三宅大志先生、パカさん役の東城咲耶子さん、担当編集者の石井さん、アウローラの杉田さんの4名によるトークが盛り上がりました。

 

この他にもアニソンDJも実施。途中ではDJKGこと、JAM Projectの影山ヒロノブさんがDJとして登場し大いに会場を盛り上げていました。

 

 

 charaen_190420_5

 

テックブースは毎回お馴染みのこんな感じです。

 

 

実は今回から、GSRカップで長らく行われていた車検制度を撤廃しました。

これはGSRカップで回を増すごとに参加者の皆さんのバイク整備への意識向上がみられ、実際に走行中の転倒などの事故を除いて、整備不良に起因するようなメカトラブルがほぼなくなっていた為なのですが、今回のキャラエンでも同じように、車検が必須ではなくなっても皆さんが事前にしっかりと整備をしてくれていたお蔭で、当日もそのようなトラブルは殆ど無く、皆さん楽しくイベントを走られたのではないかと思います。

 

皆様のご協力に感謝です!

現地で発表された次回9月でも同様にお願いいたしますね!

 

 

 

 

さて続いては、先日開催された、グランフォンドKOMORO 2019。
こちらのイベントは昨年に続いてのテックでの参加となりました。

 

 komoro19_03

 

『サイクリングフェスティバルあさま』は同日同時刻に、軽井沢、嬬恋、そして小諸と浅間山を囲う周遊道を利用して総勢1000名以上のサイクリストがぐるっと1周走るイベントです。

その中で小諸スタートの同イベントは、4月のキャラエンと同じく、キャラクターサイクルウェアやコスプレ推奨のイベントです。参加申し込み時には、協賛のアニメ等のキャラクターグッズが付属するコースなども複数あって、好きな作品のグッズをゲットして、さらにサイクルイベントも楽しめるという感じです。

 

 

2日間にわたり開催されていますが、土曜日は前日祭という事で、参加受付の会場ではグッズの販売やトークショー、豪華賞品が大量に出るビンゴ大会なども実施。

 

 
DSC02054-r
DSC02043-r

 

 

 komoro19_04

 

私は、会場でのテック相談と、30分ほどいただいて『ロングライド時に覚えておくと役に立つ簡単なテック講習会』を行いました。昨年初参加時にもやらせていただいたのですが、結構好評だったようでうれしい限り。

 

 komoro19_01

 

 

 

翌日は朝7時のスタートに合わせる為に、6時に会場入り。スタート前にゲストライダーの影山ヒロノブさんや、他参加者の皆さんへいくつか対応を行って、いざスタートです。

 

スタート後は、参加者の皆さんとは逆方向に進んで、コース最大標高の場所にある、湯の丸エイドに向かってそちらでテックブースを展開して、走ってくる皆さんへの対応を行いました。

 

 komoro19_02

 

昨年もこの湯の丸エイドで対応したのですが、こんなに素敵な天気ではなく、雨と寒さで悲惨な絵面になっていました。今年は本当に晴れてよかった!

 

コースはここを最高地点として、この後標高差700mを12kmにわたり下り続けるというなかなかハードなダウンヒルのスタート地点。安全性を考え、バイクやスタッフによる先導で速度を抑えての走行ではありますが、ここまでの所でややブレーキやギア等に不安を感じた方々への対応を、多数行いました。作業内容は簡単なものが多かったですが、少しでも残りの行程を安心して走っていただければという事で、対応させていただきました。

 

 komoro19_05

 

長野は関西や中部地方からのアクセスもしやすいこともあり、当社の名古屋店や京都店をご利用いただいている方達からもお声かけ頂きました。ありがとうございます!

 

 komoro19_06

 

あの影山ヒロノブさんと一緒にこんないい景色の中を走れるのはグランフォンドKOMOROだけ!
(前列右が影山さんです)

 

 

朝の8時前~14時過ぎまでこちらで対応して、おおよそのライダーが通過していったのを確認してそれを追いかけるようにまた小諸のスタート=ゴール地点へ移動。16時頃にはほぼすべての参加者がゴールし、今年のイベントは終了しました。大きな転倒事故などもなく、40km、80km、100kmのコース総合で95%と非常に高い完走率が達成されました!

 

 

 

という事で、立て続けに2つのサイクルイベントへテックサポートとして参加させていただきました。イベント自体のレポートなどは、各イベントのHPやツイッターなどをチェックしてみてくださいね!

 

さて、先ほどからも記載していますが、参加者の皆さんの事前整備への意識向上、本当に肌身で感じております。GSRカップのメカニックとして初参戦時には、テックブースが戦場と化すほどに、対応案件が乱発。もちろん転倒などによる故障などもありましたが、多くはイベント前の整備不良に起因するトラブルでした。これがあまりにも多く、乗られている方はもちろん、一緒に走っている他の参加者へも転倒などで巻き添えにしてしまう可能性もある為、事前整備という考えをもっと普及させねば!という思いで、イベント前の事前車検制度や各方面での情報発信を行ってきました。数年かかりましたが、明らかに皆さんの意識が変わった事を今年のこの2つのイベントで改めて感じました。

 

せっかくのお休みを使って、参加費や交通費を払って参加するイベントです。やっぱりバイクも最高の状態で参加したいですよね!

 

今後もイベントへのテック協力を行っていけると嬉しいです。また皆さんと会場でお会いできればと思います!どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

■キャラクターエンデューロ HP

 

■グランフォンドKOMORO HP

 

 

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!