最近多いトラブル
by: 濱村 豪

最近走行中にリアディレーラーが壊れたということで修理の相談を受けることが多くなってきました。
いきなり壊れたということでパーツの不良を疑う方もいらっしゃいますが実はそんな事はありません。
原因はディレーラーハンガーの曲がりによるもの。
転倒や自転車を倒す、あるいは変速機周辺に何かが接触することで発生するトラブルで普段から自転車のチェックを行っていればほとんど防げるトラブルです。

 

end2.jpg
end3.jpg
ディレーラーハンガーが曲がってしまった車体。
エンド修正器で見てみるとこれだけ角度がついています。
これではリアディレーラーの角度が狂ってまともに変速できませんし、軽いギア(1速)に変速したときにディレーラーがホイールに接触してしまいます。
(この車体は鉄フレームでディレーラーが車体と一体化しているため専用工具で修正可能です。)

IMG_8433.jpg
曲がったディレーラーハンガー。
アルミやカーボン製の車体はハンガーが交換式になっています。
このパーツが曲がることで変速機やフレームへのダメージを抑える構造になっています。
早めに交換すればこのパーツのみの交換ですみましたが、リアディレーラー、スプロケット、チェーン、ホイールにまで被害が広がりました。
修理せず乗り続けることで被害額が大きくなる結果を招いたわけです。
なおこのパーツは車体ごとの専用品。
年式やモデルによって形が異なりますのでご注文いただくときはそちらの指定をお願いします。

spp2.jpg

このホイール別の車体のものですがホイールとスプロケットの間にチェーンが落ちてしまった結果スポークが傷だらけに。
こうなるとスポークが切れやすくなるため交換が必要です。
またホイールに巻き込まれた変速機をはじめ、チェーンやスプロケットにもダメージが及んでいました。
こちらの自転車のライダーさんは走行中突然リアディレーラーが吹っ飛んだと感じたそうです。
今回のホイールは通常のJベントスポークの為すぐに修理できましたがコンプリートホイールの場合は少々面倒。
修理には専用スポークが必要になるためパーツが欠品していると、長期間自転車に乗れなくなってしまうことも考えられます。

このトラブルは早めに修理することでハンガーだけの交換ですむものです。
放置することで被害が拡大し金銭的な負担も増えてしまいます。
ここに限らず自転車のトラブルは早めの対応で時間・金銭などの負担を抑えられますので、日ごろからこまめに状態をチェックしてあげてください。
機械ものは定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

 


 


ワイズロード上野地区店舗のご案内 


・完成車・パーツをお探しなら 
http://ysroad-ueno.com/

UENO.bmp


・修理・カスタム等作業専門館
http://ysroad-ueno-techkan.com/UENOT.bmp


・ウェア・身体アクセサリー専門館
http://ysroad-ueno-wearkan.com/UENOW.bmp


・ロードパーツ・フレーム専門館ASAZO.bmp


 ワイズロード上野本館の修理/カスタムなどの作業は基本的に上野テック館にて行っております。

また修理・カスタムなどの作業は予約制でやらせていただいています。
作業はご予約いただいたお客様が優先となりますので、ご予約されないでご来店された場合はご予約いただいた方の作業を優先してやらせていただいております。(作業のご予約状況によってはお断りさせていただくこともございます)

ワイズロードはスポーツバイク専門でやらせていただいており、一般の軽快車等の修理は行っていません
また店舗の関係上リカンベントの作業もお断りさせていただいております。
なお行動走行不可の車体(2系統のブレーキを備えていない車体など道路交通法違反となる車体)についても基本的に作業は行っておりません。(トラックなど専用スペースでのみご利用の車体につきましては個別にご相談下さい)

 

ご予約はお電話で承っていますのでお気軽にご相談ください。
 

 ※テック館以外でもワイズロード各店ではカスタム・修理等の作業を行っております(一部店舗を除く)。
作業をご希望の方は最寄の店舗にご相談下さい