【お客様の一台】Di2+DURA-ACE化
by: 上野テック館

今回はSCOTT SOLACE30 2014年モデルをお乗りのお客様からカスタムのご依頼を頂きました.

mb-di2_3.jpg

ご依頼頂いたのは電動コンポーネントへの換装と、ブレーキの交換です。
もともと性能面ではシマノ・アルテグラ搭載と十分なスペックですが、更なる快適な操作性を求めて電動化となりました。

mb-di2_4.jpg

mb-di2_5.jpg

モーターで駆動する電動コンポは初期設定こそ若干複雑ですが、ワイヤーの伸び・切断による変速不良とは無縁になります。
加えて、フロントディレーラーにオートトリム機能により、リアの変速に応じてフロントディレーラーの位置が最適化されるのも電動コンポの大きなメリットだと思います。

 

mb-di2_6.jpg

今回はスプリンタースイッチも取り付けも行いました。
下ハンドルを握った時に親指でリアのシフトアップ・ダウンが行えるようになりますので、レースなど下ハンドルを握る場面が多い時に重宝します。

 

mb-di2_2.jpg

ブレーキはシマノのトップグレード『DURA-ACE』に換装。
シマノ純正のポリマーコーティングワイヤーへの交換も相まって、タッチ・引き共に素晴らしい物となりました。
完成車販売の場合コストダウンのためワイヤーをJAGなど社外品にしているメーカーが多くブレーキタッチが悪くなっているものが多いです。
ワイヤーはよほどの事情がない限りシマノやカンパ純正品がおすすめです。

 

mb-di2_8.jpg

ソレイスはシートステーのしなりを生み出す為にリアブレーキがBB下に装着されていますが、こちらもしっかりとDURA-ACEに換装しております。
ワイヤーがフレームに内蔵されていることでワイヤーへの負担が大きく、かつ純正ワイヤーでは無いことも相まってお世辞にも引きとタッチは良いとは言えませんでしたが、DURA-ACEブレーキ+純正ワイヤーによりかなり良くなっています

mb-di2_7.jpg

一層乗るのが楽しくなりそうですね。
今回カスタムをご依頼頂いたS様、どうもありがとうございました。
これからもロードバイクライフを楽しんでください。