【ブエルタ・ア・エスパーニャ】休息日、今後の展望!!!
by: 会田 哲郎

順位 番号 選手名 チーム タイム
1 7 ナイロ・キンタナ コロンビア モヴィスター チーム 64h 57′ 27”
2 21 クリス・フルーム イギリス チーム スカイ + 03′ 37”
3 51 エステバン・チャベス コロンビア オリカ・バイクエクスチェンジ + 03′ 57”
4 11 アルベルト・コンタドール スペイン ティンコフ + 04′ 02”
5 59 サイモン・イェーツ イギリス オリカ・バイクエクスチェンジ + 05′ 07”
6 37 サムエル・サンチェス スペイン ビーエムシー レーシングチーム + 06′ 12”
7 141 アンドリュー・タランスキー アメリカ キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム + 06′ 43”
8 145 ダヴィデ・フォルモロ イタリア キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム + 07′ 17”
9 133 ダヴィド・デラクルス スペイン エティクス・クイックステップ + 07′ 23”
10 61 ミケーレ・スカルポーニ イタリア アスタナ プロチーム + 07′ 39”

データ:JーSPORTS


 

17ステージ

第17ステージ高低差図

 

総合勢は山岳が得意な選手なので

 

総合順位に変動はないでしょう。

 

キンタナの好調により、差は更に

 

広がっていくでしょう。

 


 

 

18ステージ

第18ステージ高低差図

 

 前半に山岳があるものの最後は

 

緩い下りなのでスプリンターの出番

 

でしょう。総合勢は無理に追わず

 

タイム差をキープ。

 

 


 

19ステージ

第19ステージ高低差図

 

個人TT

TTが得意なフルームが勝負をかける

 

キンタナはフォーム改造によりTTでも

 

速くなっているので、タイム差は付いても

 

1分程度でしょう。

 

ここでキンタナの優勝は確実!!!

 


 

20ステージ

第20ステージ高低差図

 

最も過酷な頂上ゴールのコース!!!

 

総合以外は無理せず、総合のタイム争いが

 

 繰り広げられるでしょう。

 

ブエルタで一番過酷で盛り上がるレースです。


 

21ステージ

第21ステージ高低差図

 

上野本館の応援しているCANNONDALE  は

 

チームで3位と大健闘!!!

 

個人総合では7位8位と健闘しています。