PROFILE DESIGN T2+アルミ DHバーございます。
by: 会田 哲郎

トライアスロン、デュアスロンの必需品

 

深い前傾姿勢で空気抵抗軽減をします。

 

その為、強風のサイクリングロード

 

特に江戸川サイクリングロードでは

 

つけている方をよく見かけます。

 

しかし、しっかりとDHポジションで

 

セッティングした場合はそれ以外にも

 

前傾姿勢により疲れにくい臀筋(お尻あたり)

 

の筋肉を使用することにより、平地の巡行を

 

楽に速く長く走れるようになります。

 

欠点としてはDHポジションですとパッドが

 

ブラケットの高さにしたいのでハンドルを

 

下げます。それにより、ブラケットの落差が

 

大きくなりドロップハンドルが低くなって

 

DHバーは持ちやすいがブラケットは持ちにくい

 

という事になります。

 

レースで使用する場合はカーブ、UP DOWN

 

が多い場合はDHバー無しの方が安全で速いと

 

思われます。

 

CD361C8D-BB92-409D-9A01-9109A1BDBAE1

 

PROFILE DESIGN T2+ アルミ 

 

¥12,510+税

 

 

 

5314DF7D-DB5A-4F0E-B9A0-21B21F92672D

 

私はTTバイクにT2カーボンですが

 

ロードバイクの場合セティングのしやすい

 

Tシリーズのアルミがオススメです。