トライアスロンはバイクの練習から始めましょう
by: 会田 哲郎

 

F29A3624-AAB7-4309-9D03-56DF15A7E07C

 

トライアスロンを始めようという時に

 

スイム、バイク、ランのどれから練習する

 

のが良いかとご質問を受けます。

 

スイムはプール、ランは外でと比較的簡単に

 

トレーニングが出来ますが

 

バイクはまずは買わなくては乗れません

 

最初は慣れていない前傾姿勢で首、腕、腰

 

痛くなります。今までにないロードバイクで

 

使う筋肉も鍛えていく期間が必要です。

 

前傾姿勢のポジションに慣れるまで

 

3ヶ月から6ヶ月はかかります。

 

大会出場の半年前にはバイクの練習を

 

始めましょう。

 


 バイクの決め方

 

IMG_9457

 

スプリントディスタンス(バイク20キロ)では

 

クロスバイクの使用が認められています。

 

普段は街乗りとスプリントのみの参加の場合は

 

クロスバイクでも良いでしょう。

 

最高速度も巡航速度もロードバイクのが速い

 

ので、楽に速く走りたい方、トライアスロン

 

だけでは無く、サイクリングも楽しみたい方は

 

ロードバイクをオススメします。

 


 

060A2237-FE65-46A2-AFC4-BE42B6296A97

 

オリンピックディスタンス(バイク40キロ)では

 

クロスバイクの使用が禁止されている大会が殆どです

 

ロードバイクかTTバイクの使用となります。

 

バイクのポジションに慣れる為に半年前から、

 

DHバーを取り付ける方は通常のポジションで

 

慣れてから、大会の3ヶ月前にはDHバーを取り付けて

 

深いDHポジションに慣れるようにしましょう。

 

前傾姿勢が深くなると使用する筋肉も変わるので

 

筋肉、体の柔軟性から作り直す必要があります。

 

慣れてきたらバイクを走ってすぐにランの練習を

 

しましょう。ランとバイクは使用する筋肉が違うので

 

大会までに慣れておく必要があります。

 

 

ED43B833-6648-4F1E-AB69-D2B4ADD74710

 

ロング、ミドル、直線の多いオリンピックディスタンスで

 

使用率が高いTTバイク。私のバイクですがカッコいいです。

 

バイクはカッコいいのが一番です。

 

私はTTバイクで出場したいので直線の多い

 

木更津、九十九里のトライアスロンに参加しています。

 

注意)TTバイクはイベント、レースでは使用が禁止

 

されている事が多いのでトライアスロン、TT専用の

 

機材としてお考え下さい。

 


 

トライアスロンに向いているロードバイク

 

DHポジションがとりやすいロードバイクが

 

ございますのでスタッフ会田までお問い合わせ下さい