【スタッフバイク】シクロクロス界のカーボンキラー!? JFF#805
by: 龍野旭飛

DSC_0010[1]

 

スタッフ龍野です、

 

年明けに組み立て初めていたシクロクロスですが、

 

パーツ構成もほぼ固まり先日の

 

茨城シクロクロスにて実戦投入を済ませたので

 

細かく仕様を紹介しようと思います。

 

レース直後なので汚いのは大目に見て下さい。(-_-;)汗

 

DSC_0144[1]

 

まずはこの車体で一番目に止まるであろう特徴的なハンドル、

 

東京サンエスのオリジナルブランドDixnaCROSS

 

二―ザーハンドルを使用しています。

 

ステムクランプよりSTI取り付け部が60mm高くなっているので、

 

コラムスペーサーを積むことなく落差を抑えることが出来ます。

 

DSC_0155[1]

DSC_0154[1]

 

シートポスト、サドルはフレームやハンドルと同じ

 

東京サンエスのオリジナルブランドOnebyESUのものを使用

 

サドルはナローサーティソウルを使用しています。

 

幅が狭く高回転のペダリングでもぶれにくい

 

まさに弱虫ペダルの主人公、小野田君にピッタリのサドルです(笑)

 

 DSC_0145[1]

 DSC_0148[1]DSC_0149[1]DSC_0153[1]

 

コンポーネントはSHIMANO、R8070アルテグラを

 

シクロを組むにあたって油圧ブレーキが必須アイテムだったのですが、

 

紐引きの油圧STIがどうにも大きくて手になじまず

 

丁度フレームと同じ時期に販売開始されたアルテグラの

 

DI2の油圧STIを導入しました。105のSTIより一回り小さいです。

 

DI2の導入費用がもれなく財布を軽量化してくれます(笑)

 

DSC_0150[1]

 

フロントシングル派の私ですが、

 

せっかくのDI2なのでフロントダブルをチョイス。

 

クランクはまたまた東京サンエスのオリジナルブランドDixnaの

 

ラ・クランクを装備。

 

狭いQファクターが特徴のクランクで、

 

幅の狭いナローサーティソウルサドルと共用することで

 

さらに小野田君のような高回転のぺダリングに最適に!(笑)

 

歯数は45-33と11-28の組み合わせです。

 

 

そしてこのフレームDI2内装非対応なんですが、

 

外装バッテリーが見当たりません、、、

 

ではどこにバッテリーが入っているのか

 

 

DSC_0156[1]

 そう、 コラムの中に入っています。

 

ジャンクションBはステムの中に、

 

DSC_0146[1]

 

ステムはシマノPROのタルシスXCステムを使用しています。

 

 そしてこのステム、通常カーボンコラムの場合アンカーナット

 

アルミコラムの場合はスターファンクルナットを

 

ヘッドの球当たり調節のために打ち込む必要があるのですが、

 

アンカーナットやスターファンクルナットが不要です。

 

DSC_0157[1]

 

 ステム底面にあるインテグラルヘッドアジャスターを回すことで

 

ヘッドの球当たり調整ができます。

 

 ホイール、タイヤ以外シマノカタログか東京サンエスカタログに

 

掲載されているパーツで組み上げてあります。

 

とくには軽量パーツを使用していませんがペダルレスで8.6kgと

 

カーボンシクロに迫る重量です。8kg以下も夢じゃない!

 

 

 

何か質問などございましたら、スタッフ龍野まで!

 

 

 

  ☟クリック☟  

アルバイト募集中

 

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168
営業時間:
月~金/12:00~20:00
土日祝/11:00~20:00