週末は横浜トライアスロン、頑張ってください。
by: 向後 哲郎

 

img

 

横浜トライアスロンに参加が決定している方

 

とうとう週末は大会です

 

雨予報ですが、スイムの時は曇りっぽいです。

 

私の天気図での予想ですが

 

それでも波は荒いのでスイムは注意

 

危険を感じたら勇気あるリタイアを

 

バイクは雨で滑りやすいです。

 

DHポジションは危険です。

 

ブラケットポジションで走りましょう

 

 

 


 

横浜大会の注意点!

 

・トランジションエリアは混み合います

 

早めの準備をオススメします。

 

・補給食や水分は前日に用意しておきましょう

 

 


 

スイムパート

 

トライアスロンシーズンでも寒い時期開催ですので

 

海でのスイムの練習が十分におこなえていない

 

水温が21°(2017年)と非常に低いので無理は禁物!

 

スイムでのリタイアが多い大会です。

 

無理をすると命に係わるので危険を感じたら

 

勇気あるリタイアをオススメします。

 

身体を十分に温める為アップして早めに

 

集合場所に移動しましょう。

 

トランジションまでの距離が長いので注意!


 

バイクパート

 

 

カーブが非常に多いコースで折り返しでは

 

多くの落車が発生しています。

 

DHバーを使用するとカーブでのコントロール

 

ブレーキングが遅れるので、ドロップハンドル

 

だけの使用をオススメします。

 

脚の筋肉疲労軽減とエアロ向上の為

 

下ハンを持つトレーニングをして

 

下ハンに慣れておきましょう。

 


ランパート

 

ランは気合です。というわけではないですが

 

バイクの練習の後にランの練習をしましょう。

 

使用する筋肉が違う為、切り替えが必要です。

 

ランに備えてバイクの筋肉疲労を抑えていきます。

 

 

コースマップ(エイジグループ)

2017 コースMAP

 

バイクの準備がお済みでない方は早めの

 

ご購入をオススメします。

 

ロードバイクは慣れるまで時間がかかります

 

横浜トライアスロンは水温が低いのとシーズン初めで

 

体が出来上がっていないので、スイムでの

 

リタイアが非常に多いです。

 

危険を感じたら勇気あるリタイアをしましょう。

 

大会までには海でウェットスーツを着て泳ぎましょう。