【MTB】ロックアウトのあれこれ【スタッフ日記】
by: 田部隆士

 説明不十分でしたので内容を修正しました。*

 

久しぶりにMTBで走ってみました。

まだオフロードデビューはしてません。。

今回も舗装路です。。

前回、走った時はフロントサスがグイグイ動いて凄く力がロスしている感じが強かったのですが

ロックアウト機能を使いサスが動きすぎないようにして走ると、あら不思議。

とても走り易くなりました。

メーターは付けてないのですが速度も幾分速くなったように感じます。

しかしこれはオフロードを走るMTBが登りや平坦な林道を走る際にフロントサスペンションの余計な動きを抑制する機能なので常に使い続けるものではないんです。

 

最悪故障するようです。

(近年のはそこまで気にしなくてもいいそうですが、かけたままはあまり良くないようです。)

 

どのような壊れ方をするのか、なぜいけないのか。

これからの長いであろうMTB生活(おおげさ)に向けて、調べてみました。

自分のMTBに装着しているFOXのサスペンションを例にしています。

frlc_explained

http://www.ridefox.com/より転載

 

まずロックアウトしたまま使い続けると、内部パーツが破損する恐れがあり、
オイル漏れなどが起きることがあります。

これは内部で抵抗を発生させている蓋が開きオイルが流れます。 繰り返し大きな衝撃を受けると

このふたの部分が損傷してしまい、ロックアウトが効かなくなってしまうことがあります。 
また、ロックアウトしたまま使い続けると、オイルダンパーのシール部分にも

負荷がかかりフォーク内部にオイルが
漏れだしてしまい ダンパーの機能が、低下してしまってサスペンションの動きが

不安定になってしまいます。

 

以上のことより、やはりロックアウトは一時的に使用するもので、使った後は解除するのが正解のようです。

舗装路などの走行で日常的に動きを減らしたい場合は、スプリングを固くする(エア圧を上げる、

固いスプリングに交換する)のが
ロックアウトを必要以上に使わない解決策です。
そして、正しい使い方をしていても部品は劣化しますので、定期的なメンテナンスでオイルや消耗部品を交換すると長く使い続けることが出来ます。

 

まだオフロードすら走っていない自分が何を心配してるんだという話ですが、転ばぬ先のナントヤラ。。

知っていて損ではないのでこれはこれで。。

 


 

 

 

 

 

『ワイズロード上野本館』スペシャルホームページ!!

 

**ロードバイクの情報はこちらをCLICK!!!!!**

 

**クロスバイクの情報はこちらをCLICK!!!!!**

 

**フォールディングバイクの情報はこちらをCLICK!!!!!**

 

**マウンテンバイクの情報はこちらをCLICK!!!!!**

 

**BMXの情報はこちらをCLICK!!!!!**

 

**講習会の情報はこちらをCLICK!!!!

 

☟クリック☟

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

 

☟クリック☟

アルバイト募集中

 

 

☟クリック☟

ブロンプトン即納

 

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F
電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00
土日祝/11:00~20:00