【2018年モデル】個性的なビジュアルをもつアーバンミニベロ!CANNONDALE HOOLIGAN 1
by: 金澤 義彦

18hooligan

 

【2018年モデル】

個性的なビジュアルをもつアーバンミニベロ!CANNONDALE HOOLIGAN 1

 


 

キャノンデール大好き、スタッフ金澤です。

今回紹介するのは私も愛用しています、キャノンデールのミニベロ・フーリガンです。

片持ちフォーク・特徴的なフレーム形状・長めのホイールベースによる高い安定性など、個性的なビジュアルと高い走行性能を兼ね備えた最高のミニベロ。

「人と被らない個性的なバイクが欲しい!」「しかも性能のいいバイクが欲しい!」

そんなアナタの要望をまとめて叶えられる一台です。

 


 

18hooligan1

 

18hooligan3

 

フーリガンを語るうえで外せないのはコレ、片持ちの「レフティフォーク」でしょう。

キャノンデールの一部モデルに採用されているこの独特な形状。

●自転車は駆動部が基本的に右側にある(変速機やクランクなど)ので、右のフォークブレードを無くすことにより左右の重量バランスを取っている

●右フォークブレードが無いのでその分軽量化

●タイヤ・チューブ交換をするときにホイールを外さなくてもいいので簡単

などのメリットがあります。

(「個性的でカッコイイ!」も個人的には大きいメリットだと思います)

 


 

 

18hooligan10

 

片持ちフォークの構造上、ブレーキシステムはディスクブレーキを採用しています。

デフォルトは機械式ディスクブレーキですが、より良いものにこだわるアナタは油圧式のディスクブレーキにカスタムするのもオススメです。

タイヤサイズは20×1.5。街乗りミニベロによくある太さですが、ちょい太めにカスタムしてBMXっぽく乗るのもカッコイイかなと思います。

 


 

18hooligan5

 

18hooligan11

 

18hooligan7

変速システムは内装3段。街乗りで使うにはこれぐらいシンプルなのもアリだと思います。

内装変速は「メンテナンスフリーであること」「外装変速と比べてチェーンが動いて変速するわけではないので、チェーン落ちの可能性が低い」「停止中でも変速できる」などのメリットがあります。

シフトレバーはグリップをひねるだけで変速できるグリップシフト。グリップを握ったまま直感的に変速可能。

 

※余談ですが、過去モデルの内装式フーリガンは「外装式フーリガンのディレーラーハンガーを付けることで外装変速にカスタムできる」ということもありましたが、現行の内装式フーリガンはハンガー取り付け部のフレーム形状が変更されて、外装式ハンガーが付かなくなりました。

外装式カスタムはもうできないので、やるならば内装式のカスタムですかね。内装変則の段数を増やすとか!

 


 

18hooligan9

 

BBは「エキセントリックBB」という規格を採用しています。

内装変速やピストのようなシングルギアの自転車は一般的に後輪側でチェーンを張る仕組みがされているものですが、フーリガンはBB側でチェーンを張る仕組みとなっています。

簡単に言うとクランク軸ごとBBシェルを回すことによりチェーンを張るといった感じです。

 


 

18hooligan6

 

18hooligan8

 

昔のキャノンデールバイクではよく見たこのフレーム形状、その名を「デルタV」と言いまして、

●トップチューブがさらに低くなり跨ぎやすい

●パイプを組み合わせることにより剛性が高い

などのメリットがあります。

また、「個性的でカッコイイ」ということも(2回目なので以下略)

 


 

18hooligan

 

■2018 CANONDALE / HOOLIGAN 1

 

サイズ:MD(2サイズ展開の大きい方) 

販売価格:¥110,000(税抜)

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥8,800 / クレジット支払い時:ポイント3%¥3,300)