【社内試乗会】アシストなくても結構いけちゃう!走行性能の高いE-bike Seraph「E-01S」
by: 金澤 義彦

 

 

1

 

【社内試乗会】

アシストなくても結構いけちゃう!走行性能の高いE-bike

Seraph「E-01S」

 

 


 

試乗会インプレブログ、お次はSeraph(セラフ)のE-bike「E-01S」を紹介させていただきます。

Seraphとは、ブロンプトン総合代理店でおなじみミズタニ自転車さんのオリジナルブランド。

『その名前の由来は天使の最上級位である、熾天使(してんし)と呼ばれる天使であり、天使の中で神に最も近い場所にいるとされていて、純粋な光の存在と言われています。(メーカーサイトより抜粋)

そんな神々しいブランド、セラフよりこの度E-bikeが発売されたという事でさっそく試乗してきました!

 


 

3

 

アシストユニットはシマノのSTEPS

スポーツバイクコンポーネントメーカーとして世界No.1のシェアをもつシマノだからこそできる高性能電動アシストコンポ。

 

他社製品のアシストユニットと比べてると

よりスポーツ的なアシストフィーリングであること(踏んだ瞬間から始まる滑らかなアシスト)」

アシストユニット自体が軽量なので、車重の軽量化に繋がる(このE-01Sの車重は17.5kgです)」

といった特徴があり、実際に試乗した感想としてもその通りだと思います。

 


 

4

 

メインディスプレイ。ここでアシストモードや速度・バッテリー残量などの情報を確認できます。

 


 

8

 

左グリップ付近にあるコントローラーでアシストシステムのモード変更、ディスプレイの表示項目の変更などを行います。 

 


 

5

 

バッテリーは大容量タイプ。

最大航続距離はなんと140kmと長い! 

アシストをより強く効かせたHIGHモードでも最大航続距離95kmと驚きです。

 


 

6

 

メインコンポはシマノDEORE

変速段数はフロントシングル・リア10段。 

 


 

7

 

ブレーキはDEOREグレードの油圧ディスクブレーキ

 


 

2

 

ホイールもしっかりシマノ製。スルーアクスルモデルのWH-RX31を採用。

タイヤサイズはE-bikeにしては若干細めの32c

 


 

アルミフレームカーボンフォークを採用し、フレーム設計のグラベルロードのそれと同じものにすることにより「重さを感じさせない軽快な走り」がとっても特徴的でした。

いろいろ試したE-bikeの試乗の中で『アシスト抜きでどれが一番良く走ったか』を比較したところ、私はSeraphのE-01Sが一番だと思います。

もともと航続距離の長いシマノSTEPSなうえに、走行性能の高さを活かしアシストモードの強弱(時にはOFFも)を調節していけばさらに長い距離を楽しむことができるでしょう。

 


 1

 カラー:パールホワイト

 

■Seraph 「E-01S」

サイズ:500/500S

※500が160cm、500Sが170cm前後あたりの方にオススメです

販売価格:¥380,000(税抜)

 

第8回ワイズカップバナー

sbd2018開催決定バナー

20181201埼玉バナー20181215大阪バナー