【社内試乗会】新型バッテリー&ユニットでパワーアップ!YAMAHA「YPJ-EC」
by: 濱村 豪

 

 

 

1

 

【社内試乗会】

新型バッテリー&ユニットでパワーアップ!

YAMAHA「YPJ-EC」

 


 

 先日某所で行われましたワイズロードスタッフ向け社内試乗会。

 500台を超える試乗車をご用意してくださった取引先の方々に改めて御礼を申し上げます。

有難うございました。

そんな中、様々なバイクを試させていただきましたが、今回はe-bikeをインプレさせて頂きます。

電動アシスト自転車を世界で初めて発売したYAMAHAのe-bike、YPJシリーズより新型のクロスバイクモデル、YPJ-ECに乗ってきました。

 


 

2

 

クロスバイクモデルなので、当然ハンドルはフラット。

握りやすいエルゴミック形状のグリップがいい感じでした。 

 


 

3

 

新型ディスプレイユニットはだいぶ小型化されスッキリしました。

速度やバッテリー残量などが確認でき、ディスプレイ上面にあるLEDバーの色でアシストモードを確認できます。 

 


 

4

 

左グリップ付近にはアシストモード切り替えスイッチが。 

 


 

5

 

アシストユニットも新型にパワーアップ。

単純に出力が大きくなり、簡単に言うと「初期型のHIGHモード=新型のSTDモード」と同程度だとか。

アシストモードは「HIGH/STD/ECO/+ECO/OFF」の5段階。

 


 

8

 

 バッテリーも大容量化

最大航続距離はなんと200kmを超えます

一番アシストパワーの高いHIGHモードですら89km。アシストモードの切り替えをしっかり行っていけば、1日中走ることだって可能です。

 


 

9

 

バッテリーから給電されるフロントライトが標準装備。

 


 

10

 

新型YPJはどれもディスクブレーキを採用しています。

今回紹介するYPJ-ECのみ機械式ディスクブレーキ仕様です。

 


 

7

 

 コンポはシマノSORA。フロント2段・リア9段の18段変速です。

 


 

 

電動アシスト自転車のパイオニアであるYAMAHAだからこその丁寧なアシストフィーリングが実に心地いい。

加速も実にスムーズで、アシスト力が減衰する時速20km/h超の速度帯でも

『アシストが減衰していながらもしっかり残っている』事が感じられたのも印象的です。

バッテリーとアシストユニットが新しくなったことで、より快適なライドが楽しめそうですね。

通勤はもちろん、車載してのロングライドなどにもオススメです。

 


 

1

 カラー:ピュアホワイト / マットダークグレイ(2色展開)

 

 ■ YAMAHA YPJ-EC

サイズ:S/M/L

販売価格:¥260,000(税抜)

 

第8回ワイズカップバナー

sbd2018開催決定バナー

20181201埼玉バナー20181215大阪バナー