【2019年モデル】上位モデルの技術を継承したエントリーにもベストマッチな新モデル!!GIANT「TCR SL2」
by: 松崎大志

19TCR SL2 1

 

【2019年モデル】

上位モデルの技術を継承したエントリーにもベストマッチな新モデル!!

GIANT「TCR SL2」

 


圧倒的なコストパフォーマンスを誇る台湾のマスプロメーカー「GIANT」。

 

中でもロングセールスを誇るロードバイクの定番モデルとなるTCRは、各部マイナーチェンジを経ながら進化を続けカーボンやアルミといった素材で多岐に渡る展開をみせています。

 

TCRシリーズはレーシング的なテイストとなっており、今回初登場となる「SL」は最上位モデル「SLR」のテクノロジーを継承しつつ軽量アルミ素材「ALUXX SL」を採用したコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

 

他にも現在脚光を浴びている「チューブレスレディ」ホイールを標準装備しており、コンポーネントの仕様はSHIMANO「105」「TIAGRA」から選べるラインナップとなっています。

 

腰を据えてロードバイクを本格的に楽しみたいエントリーユーザーの方にもオススメ!!

 


 

19TCR SL2 6

 

19TCR SL2 4

 

 

高い重量剛性比を特徴とする「ALLUX SLアルミフレーム」を採用し、剛性を犠牲にすることなく軽量化を達成しています。

 

ペダリング時のパワーをもれなく受け止めるボリューム感あるダウンチューブに、限りなくシェイプされたトップチューブが軽さとしなりを生み出します。


 

19TCR SL2 5

 

 

最近のGIANTの個性といえる「チューブレスレディタイヤ」と「対応ホイール」が快適性をプラス。

 

空気圧が低い状態で乗れるチューブレスタイヤは街中からロングライドまで、あらゆる状況でアドバンテージを得ることができるでしょう。


 

19TCR SL2 2

 

 

コンポーネントはSHIMANO「TIAGRA」から構成されており、他社製のブレーキキャリパーも同スペックで揃えればさらにスキのないバイクになるでしょう。

(ご成約時は工賃無料で承ります。パーツ代は別途料金がかかります)

 

リアスプロケットには34Tまで幅を持たせており、長い登りや強烈なアップダウンのある道でも容易に対応できます。


 

19TCR SL2 10

 

 

BB規格は定番となる「BB86」を採用しており、軽さと剛性を兼ね備えダイレクト感のあるペダリングを可能にします。


 

19TCR SL2 9

 

 

GIANTの無線式サイクルコンピューターに対応した、専用センサーがフレームに設置可能な「ライドセンス」用マウントを搭載。


 

19TCR SL2 8

 

 

シートチューブからピラーにかけて、現在のトレンドである「エアロ」を意識した形状も取り入れています。


 

19TCR SL2

カラー:マットチャコール サイズ:ML

 

 

■2019 GIANT / TCR SL2

 

販売価格:¥130,000+TAX

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥10,400 / クレジット支払い時:ポイント3%¥3,900)


 

 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

 修理に関するお知らせ

 

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00