【自転車の選び方】おすすめクロスバイクとその選び方
by: 田部隆士

Web_CITY_16x9_Gallery_FX123_9

*TREKホームページより転載

 

【自転車の選び方】おすすめクロスバイクとその選び方

 


 

Web_CITY_16x9_Gallery_FX123_2

*TREKホームページより転載

 

 ■スポーツサイクルの入り口

これからスポーツサイクルを始める方にはクロスバイクがオススメです。

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置するジャンルで街乗りから休日の少し長い距離のライドまで幅広く活用出切るのが魅力です。

また、すでにロードバイクをお持ちの方にはセカンドバイクとして普段乗りにもおすすめです。

 


 

 Web_CITY_16x9_Gallery_FX123_10

*TREKホームページより転載

 

■クロスバイクの特徴

舗装路を颯爽と駆け抜けるロードバイクと未舗装路、里山を走破するマウンテンバイク。この2つのちょうど中間的な使い方が出切るのがクロスバイクです。

使い方がそこまで限定的じゃないけど、少し速い自転車が欲しい。。そんな方にオススメです。

 

特徴その① 使いやすいフラットハンドル

多くのシティサイクルにも採用されているハンドルなので使い勝手は良好です。

 

特徴その② 細すぎず太すぎないタイヤ

軽快さと快適な乗り心地を実現する最適な太さのタイヤを装着してます。ロードバイクみたいに細いタイヤはなんか不安。。なんてことはありません。

 

特徴その③ 適度な前傾姿勢

ある程度の前傾姿勢をとることでシティサイクルには出しにくい速度で走れます。ロードバイクのように深い前傾姿勢ではありませんので、前方の視界も良好です。

 


 

 Web_CITY_16x9_Gallery_FX123_6

*TREKホームページより転載

 

クロスバイクの楽しみ方

 

楽しみ方その① 街乗り 

スポーツサイクルでの使い方でおそらく一番多いであろう「街乗り」。どこかへ行くための移動手段であった自転車をただぶらっと走るために乗る贅沢な使い方です。自分もこれが一番多いと思います。

 

楽しみ方その② 日常の足に

普段はバスを使っている駅まで自転車で。。クロスバイクなら可能です。バスの中からの景色と自転車からの景色はまた違って面白いです。

 

楽しみ方その③ 自転車通勤

10km前後の距離なら通勤、通学にも使えます。走ったことがない道なので事前に下準備や車体以外の装備も準備しなければいけませんが、それがクリア出来れば朝のあのラッシュから開放されます。

 

楽しみ方その④ ツーリング、輪行

少し走り慣れてきたら、距離を伸ばしてみるのもおすすめです。河川敷を車を気にすることなく(ランナーには注意!)のんびり走ったり、自転車のホイール前後を外し専用の袋に入れて電車に乗せて移動する「輪行」だとさらに距離が伸びます。

 


 

では実際に店頭のクロスバイクを紹介します。

 

GINANT ESCAPE R3

¥52,000+TAX

 

 19escape r3

 

GIOS MISTRAL

¥51,000+TAX

 

19mistral 

 

TREK FX3

¥78,000+TAX

 

 19fx3 disc

 

BIANCHI ROMA4

¥75,000+TAX 

 

19roma4 2

 

シティサイクル(いわゆる「ママチャリ」)からの乗り換えでもすんなり乗れる敷居の低さ、それでいてそこはスポーツサイクルなので走行性能はシティサイクルとは比べ物にならない程快適です。

今まで、車で行っていたあの場所に自転車で行くことで日常にスポーツサイクルを取り込むことが出来て、また違った楽しさに出会えるはずです。

 


 

 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00