【2019年モデル】20インチ最高峰の走行性能が武器!ミニベロならこのシリーズ!GIANT「IDIOM2」
by: 松崎大志

 

19idiom2 2

 

 【2019年モデル】20インチ最高峰の走行性能が武器!

ミニベロならこのシリーズ!GIANT「IDIOM2」

 


 20インチ小径車ではトップクラスの走行性能を誇るGIANTのIDIOMシリーズ。

 

近年モデルチェンジがなされ、フレームに最新のエアロ形状を取り入れたことに加え独自工法による上級アルミパイプを採用することで、さらなる剛性と軽量化を両立することに成功しました。

 

クロスバイクより重量が軽く、28mm幅のタイヤを採用することで高速走行にも対応。

 

信号の多い都内において、ゼロスタートからの初動がスムーズな小径車は普段使いに最適でしょう。

 

クロスバイクやロードバイクと比べると室内保管しやすいサイズ感や、広い範囲の身長に対応した(参考値:メーカー公式155cm~180cm)自転車なので、家族で1台的な位置付けもおもしろそうです。


 ■フラットバーロードバイクのような仕様

 

 

19idiom2 4

 

19idiom2 3

 

操作しやすい真っ直ぐなハンドル(フラットバー)にロードバイクのようなブレーキキャリパーを搭載し、パーツ構成は俗にいう「フラットバーロード」のようになっています。

 

リア8速×フロントシングル(1速)の仕様は街中を走るのに都合が良く、フロント変速機がないことがメンテナンス性の良さにも貢献。

 

価格は平均的なクロスバイクと同じくらいですが重量が9.5kgと軽く、機動力や利便性にも優れています。


 ■FOLDING STEM

 

19idiom2 5

 

19idiom1 6

 

幅広い対応身長に対応するように、ハンドルの高さを調整できるようになっています。

 

FOLDING STEMを採用(IDIOM 1&2)することで、室内保管や車載時にハンドルを折りたたむことができます。

(ハンドルを畳んでいる写真はIDIOM 1)

 

「部屋が狭くて保管が・・・」という方。ハンドルが折れるだけで空間がだいぶスッキリしますよ。


 ■アルミフォーク&高速巡行に強いホイール

 

19idiom2 6

 

フォークはアルミフォーク(IDIOM 0のみカーボンフォーク)。

 

ホイールは高速巡行時に空力的に有利になるエアロホイールを採用し、他のミニベロとは一線を画しています。リムハイトの高いエアロホイールは外観の良さにもつながりますね。


 ■GIANTの独自工法

19idiom2 7

 

9カ所もの自社工場を持つGIANT。

 

フレームはもちろんのことハンドル、ステム、ホイール、タイヤ、サドル・・・ほとんどの完成車パーツを自社で賄うその技術力は他メーカーと比較しても突出しています。 

 

IDIOM 2にはGIANTが誇る独自工法で製造された上級アルミ素材「ALUXX SL」をフレームに採用しており、モデルチェンジ前に比べ剛性と軽量化の両立をさらに押し進めています。


 ■街中走行には欠かせないキックスタンド台座

 

19idiom2 8

 

 キックスタンドを付けられる台座が中央に備えられており(キックスタンドは別売り)、高速巡行可能なスポーツバイクとはいえシティユースも想定した仕様になっています。


 

19idiom2 9

カラー:BLACK

 

19idiom2

カラー:YELLOW

 


 ■ GIANT / IDIOM 2

重量:9.5㎏

販売価格:¥65,000+TAX

(現金支払い時:ポイント8% / クレジット支払い時:ポイント3%)


 

 アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00