【2019年モデル】軽さも快適性も走行性能も!全てが高レベルなスーパーバイク CANNONDALE「SUPER SIX EVO 105」
by: 金澤 義彦

19s.six evo105 8

 

【2019年モデル】

軽さも快適性も走行性能も!全てが高レベルなスーパーバイク

CANNONDALE「SUPER SIX EVO 105」

 


アルミの造形技術の高さで知られているアメリカンブランド「Cannondale」。

 

実はカーボンも凄いんです!!

 

今回紹介する「SUPERSIX EVO」は、キャノンデールのピュアレーシングロードとして長年モデルチェンジを繰り返し現在に至っています。

 

ビジュアルにおいて際立ったデザインや加工が施されているわけではありませんが、EVOの凄いところは『総合力』。

 

「軽さ」「快適性」「走行性能」において全てが高い次元で融合したバイクなのです。

 

SUPERSIX EVOには「Hi-MOD」と「スタンダートMOD」の2つグレードが展開されていますが、バイク剛性は同等に重量における差が大きな違いとなっています。

 

価格的に抑えられた[スタンダードMOD]においては、いわばレースでトッププロが使用する性能の片鱗を垣間見る事が出来てしまうのです。

 

バイク性能にこだわり憧れ体感できる、初・中級者の方に強くお勧めします!!


 19s.six evo105 3

 

19s.six evo105 4

 

 

キャノンデールを代表するテクノロジーといえば【SAVE】ステー。

 

シートステー/チェーンステーに偏平加工を施すことで、路面からの振動を緩和しながらもペダリング時のパワーを逃さないキャノンデールならではのマテリアルです。

 

快適性だけでなく路面追従性も合わせて向上させるので、挙動の乱れが少なくトルクが掛かりやすい安定したバイクコントロールを可能にします。


    19s.six evo105

 

BB周りはペダリング伝達パワーを逃がさないようボリューム感を持たせ、キャノンデール「BB30」規格と相まって剛性感のある足回りとなっています

 

力が逃げている感が全くないので、思わず踏み込みたくなる魅力がEVOにはあります。


 

19s.six evo105 6

 

サドルはプロロゴ「NAGO」。

 

シートポストは25.4mm径の細いパイプにすることで、しなりを大きくして快適性を高める狙いがあります。


 

19s.six evo105 7

 

バリスティックカーボンフォークは、ドロップアウトからステアリングチューブの先端まで、全て一体成型となっているので非常に軽量に仕上がっています。

 

EVOのコンセプトのひとつに「軽量だけど高剛性」というものがありますが、フォークにおいてもそれはしっかり表現されています。


 

19s.six evo105 9

 

19s.six evo105 2

19s.six evo105 5

 

コンポーネントは基本的にSHIMANO「105 R7000」で構成されています。

クランクのみBB30対応キャノンデールオリジナル[Siクランク]を採用しており、105モデルよりも軽量かつ高剛性なのが特徴です。


 

19s.six evo105 1

 カラー:SGG(セージグレイ/グラファイト)

 

■2019 Cannondale / SUPERSIX-EVO 105

 

サイズ展開:44/48/50/52/54/56/58

カラー:セージグレイ/グラファイト・ブラック/シルバー

車体重量:7.9kg(56サイズ)

販売価格:¥240,000+TAX

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥19,200 / クレジット支払い時:ポイント3%¥7,200)


 

 

 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00