【スタッフのつぶやき】自転車におけるブレーキの重要性について。
by: 小出 健太

 

_20190702_183821 

 

【スタッフのつぶやき】

スポーツバイクのブレーキの重要性について。

 


 

今回はロードバイクのブレーキで一番ポピュラーな「キャリパーブレーキ」の重要性についてお話ししようと思います。 

 

昨今、多くのスポーツバイクブランドが様々な個性を出しながら、色々なモデルを展開しています。

価格も10万円以下のモデルから、ハイエンドになると100万円以上の高額モデルも存在します。

 

そんな中エントリーモデルによく見られるのが、パーツのグレードを落としてコストダウンを行う事があります。

 

特にグレードダウンされる事が多いパーツはブレーキです。

勿論グレードを下げたからと言って使用に問題があるわけでなく、厳しい安全基準をクリアした製品です。

 

 ですが、ブレーキは自転車パーツの中でも非常に大事な部分です。

「引きの軽さ」と「制動力」を高めるために、むしろグレードを上げるカスタムを普段からオススメしております。

※ワイズロードでは完成車購入と同時にブレーキ本体を購入して頂ければ工賃無料で交換いたします。 

 


 

_20190702_183837 

 

 ■困ったらSHIMANOを選ぶ。

ブレーキは各メーカーが色々出しておりますが、SHIMANO製品にする事をおススメいたします。

SHIMANOは高い品質と補修パーツの流通が安定しております。

なので、細かいパーツでも注文できる事があり、長く愛用する事が出来ます。

 

また、世界大会に出場する選手の多くが使用しているコンポーネントがSHIMANOです。

 

トップ選手も愛用しており、エントリーモデルでも高い品質を保っている。

安心と信頼のSHIMANO製品にする事をおススメしております。

 


  

■ブレーキはパーツの性能がベースとなる。

ギアチェンジはオーナー様の技術が問われる場面が多々あり、上り坂なら自分が出せるパワーと、ギア比やシフトチェンジのタイミングなどが大事です。

勿論ブレーキも一緒でスムーズなカーブには、スムーズな減速が必要となります。

 

ですが、ブレーキを掛けた時にどこまでしっかりと止まるかは、ブレーキの性能そのものが大きいです。

軽い力でしっかりと止まるブレーキの方が手への負担が少なく、快適なサイクリングに繋がります。

 

 なので、グレードの高いブレーキにする事をおススメしております。

 


  _20190702_184134

 

■出来れば105以上が良い。

SHIMANO製品でもブレーキのグレードは色々とあります。

個人的な意見ではありますが、105というミドルグレード以上がおススメです。

 

105は2018年にR7000とモデルチェンジが行われ、性能がアップいたしました。

従来のモデルと比べると軽い力で引く事ができ、手への負担を軽減する事が出来ます。

 

勿論105ではなく、下のグレードであるTIAGRAやSORAでも問題はありません。

105ブレーキはフロントが4,915円+TAX、リアブレーキが4,381円+TAXと前後揃えると1万円近くします。

TIAGRAならフロントが3,659円+TAX、リアブレーキが3,126円+TAXと前後で6,785円+TAX

SORAならフロントが3,134円+TAX、リアブレーキが2,601円+TAXと前後で5,735円+TAX

注)2019/7/2現在の価格です。

 

ご予算の都合もあるかと思いますので、105が難しい方はTIAGRAやSORAに換えるだけでも、おススメですよ!

 


  

■総評

DISCブレーキが普及していますが、リムブレーキもまだまだ現役です。

シフトチェンジのタイミング等はオーナー様の慣れもありますが、ブレーキは本体の性能が問われます。

その為、SHIMANO製のブレーキを推奨しており、その中でキャリパーブレーキなら105以上をおススメ致します。

 


  

■修理に関して。

上野本館の修理、パーツ交換は予約制で行っております。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

 

【上野本館での修理に関するご案内】 

 


 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00