【2019年モデル】ロングライドだったらシナプスに乗ろう!Cannondale「SYNAPSE CARBON 105」
by: 田部隆士

19synapse crb disc1 

 

【2019年モデル】

ロングライドだったらシナプスに乗ろう!

Cannondale「SYNAPSE CARBON DISC SE」

 


 

 

アメリカの自転車ブランド・Cannondale(キャノンデール)。

各ジャンルで革新的なバイクを世に出し続けているブランドで、当社でも人気の高いブランドです。

 

今回紹介するのはエンデュランスロード【SYNAPSE CARBON】

 

長距離を「快適に」・「楽しく」走る為に設計されたバイクで、実際自分も試乗会で乗りましたが路面から来る微振動がものすごーくマイルドな印象です。

路面からバイクや体にくる振動が少ないという事は、イコール疲れにくさと走行性能に繋がります。

 

快適さに重きを置いたこのバイク、「ロングライドを楽しみたい方」「疲れを残したくない通勤用途」に強くオススメいたします!!

 


 

 19synapse-02

 

まずシナプスで印象的なのは「長めのヘッドチューブ」。

キャノンデールロードラインナップの中では最長で、その分ハンドルが高めに設計されています。

前傾姿勢緩めの楽なポジションで、長距離・長時間のライドにも対応しやすいです。


 

 19synapse crb disc2

 

フロントフォークは左右非対称のアシンメトリックデザイン。

ホイール固定方法は剛性の高いスルーアクスルを採用しています。

 


19synapse crb disc9 

 

リムとタイヤはチューブレスレディとなる仕様で、のちにチューブレス化をするのもオススメです。

 


 

19synapse crb disc4 

 

シートクランプがフレーム内にあるのも特徴的です。

(画像では分かり難いですがトップチューブ下側にあります)

こうすることで「シートポストを長くでき、それによりシートポストをよりしならせ振動吸収性を上げる」効果があります。 

 


 

 19synapse crb disc3

 

シートポストは25.4mmという細身のピラー径を採用しており、「シートポストを長めにする」に加え「細くする」ことでさらに振動吸収性を向上させています。

 

サドルはFABRIC「SCOOP」を採用しており、ラインナップ中でもパッド厚めの「ラディウス」を採用。

 


 

19synapse crb disc5 

 

19synapse crb disc12

 

シートステーとチェーンステーを大きく扁平加工し、縦方向のしなりを強くするキャノンデールのマテリアル・SAVEステー。

SYNAPSEのそれはとくに大きなつぶし加工をしていて、快適性をさらに向上しています。

 


 

 19synapse-11

 

ここまで「しなりを強くして快適性を高める」工夫をいくつか紹介してきましたが、フレーム全体がしなってしまうと「ペダルを踏み込んだ時の力」も逃がしてしまいます。

ペダリングパワーを逃がさないよう、シナプスはBB周りを太めに設計しています。

 


 

19synapse crb disc10 

 

ブレーキシステムはシマノ製油圧ディスクを採用しており、なめらかで軽い引きと高い制動力がウリです。 

 


 

19synapse crb disc6 

 

メインコンポはシマノ105(R7000系)。

BB30を採用しているため、クランクは105ではなくキャノンデールオリジナルのSiクランクを採用しています。

 


 

19synapse crb disc

 

■2019 CANNONDALE / SYNAPSE CARBON DISC SE

 

サイズ展開:44.48.51.54.56.58

車体重量:9.2kg(56サイズ)

販売価格:¥290,000+TAX

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥23,200 / クレジット支払い時:ポイント3%¥8,700)

 


アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00