【社員試乗会】ハイコストパフォーマンスバイク、「KhodaaBloom FARNA 105」に乗ってみた!
by: 藤枝大樹

DSC_0876

 

【社員試乗会】

ハイコストパフォーマンスバイク、「KhodaaBloom FARNA700 105」に乗ってみた!

 


 

9/20(金)は社内試乗会という事で

出展社数40、ブランド数83、試乗車、展示品数約500点。

朝早くから準備して頂いたお取引先様、誠に有難う御座いました。

今回私はミドルクラスのロード、クロスバイクを中心に試乗させて頂きました。

 


 

個人的に推しているブランドの一つ、KhodaaBloom(コーダーブルーム)。日本人の体形に合わせたフレーム設計で日本のスポーツバイク市場を牽引しているブランドです。

日本のレースシーンでは「HONDA栃木」がメインバイクで使用するなど活躍しています。

 


 

 DSC_0879

 

今回試乗させていただいたバイクはFARNA105。その名の通りシマノ105をフル装備しています。

フレームの設計は「巡航時速25キロ以下で最も快適に走れるエンデュランスバイク」となっており、ハンドルとサドルの落差を抑えつつ、ファーストバイクで迷われているビギナーさんやロングライドをメインで使いたいけどなるべく予算を抑えたいというお方に非常にオススメです。

そしてホイールもシマノのWH-RS300。このホイールも105グレード相当のホイールです。

ここまで装備している事にビックリです・・・。

 


 

DSC_0877

 

ハンドルとサドルの落差もエンデュランスロードらしく大きくつかない為ゆったりとした乗車姿勢で無理なく乗る事が出来ます。

乗り味としてはFARNAの特徴であるロングホイールベースにBBの位置が低く設計、そしてヘッドチューブが寝かされている為ハンドルのふらつきも少なく、25キロ前後で走るのが一番気持ちよく感じました。

ペダルを踏み込んだ時も変にフレームがしなる感覚は感じず、力を加えた分とても素直に反応してくれます。

衝撃吸収性に関しても少しの段差だとアルミフレームと感じず、ミドルクラスのカーボンに乗っているような錯覚になりました。少し大きい段差となるとちょっと突き上げは感じますが、昔自分が乗っていたアルミバイクと比べるとかなりマイルドな仕上がりとなっています。

 

今のアルミフレームって凄いです!!

 


 DSC_0878

 

フロントフォークの作りはブレードはカーボンでストレートでコラムはアルミです。

衝撃吸収性はベンドフォークの方がしなるので快適性は高いですが、ハンドリングはストレートの方がクイックに切れるので回頭性が高いです。 

 

 


 

DSC_0876

 

 

KhodaaBloom / FARNA 105

メーカー希望価格:¥139,000+TAX

 


 

 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

 修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:

月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00