【社員試乗会】ハイエンドかつ、モデルチェンジしたミニベロに乗ってみました。 KHS / P-20RC
by: 小出 健太

 

_20190922_210902

 

【社員試乗会】

ハイエンドかつ、モデルチェンジしたミニベロに乗ってみました。

KHS / P-20RC

 


 

走行性能において定評があり、ツーリングユーザーからの支持も厚いKHS「ミニベロシリーズ」。

KHSのハイエンドモデルである、P-20RCは2020年から大幅なモデルチェンジが発表されており、ブルホーンモデルは2019年で終了です。

来期からドロップハンドルになり、パイプもREYNOLDS725からTANGEのPRESTIGEに変わります。

ドライブトレインもTIAGRAから105に変更となり、11速となります。

 

今まではトップチューブが560mmのLサイズは弟分であるP-20Rのみでしたが、今年から上位モデルであるP-20RCもLサイズが登場しました。

身長が180cmある私がMサイズ(トップチューブ530mm)に乗るとハンドルとサドルの落差が非常に大きくステムを長めにする必要がありました。

ですが、Lサイズは落差を抑える事ができ、ポタリングに適したポジションで走る事が出来ました。

 

フレームセットの販売も行っており、余ってるコンポーネントやパーツで組んでも面白いでしょう。

 

そんな最新モデルに乗ってみましたが…とても走ります!!

 

クロモリフレームなので独特にしなりを持っており、硬めのバネを踏んでいる感じがします。

これは個人的な意見ですが、 REYNOLDSのパイプは柔らかいバネを踏んでいる感じが有り、素材が持つ跳ね返りは非常に優しいです。

それに対してTANGEのPRESTIGEは固めのバネを踏んでいる感じがあり、反応が非常に良くスピードに乗る感じがします。

 

今回からTANGE製のチューブに変わった事により、よりスピードを求めるユーザーさまの期待に応えられるバイクになったのではないでしょうか。

 

_20190922_210943

 

ホイールもリムハイトが高くなり、剛性とスピードに乗って来た時に素晴らしい加速をしました。

ベントフォークとなっているので剛性がありながらも、安定した走行を可能としています。

特にコーナーリングはリムハイトの高いホイールの恩恵を受けイメージしたコースで進む事ができ、ベントフォークによるコーナー終わりから加速はスムーズに進む事ができます。 

 

_20190922_210928

 

POWER TOOLSのチェーンリングでアウターは56T-44Tインナと大き目の設定となっています。

平坦での加速は文句なしでした!

 


 

 いままで色々なミニベロに乗ってきましたが、P-20RCはミニベロの中でも優れた走行性能を持っています。

 

「スポーティーに走りたい」そんな方に間違いなくオススメ出来るモデルです!!

 


 

 

_20190922_210902 

 

■2020 KHS / P-20RC

 

販売価格:完成車 / ¥220,000(+TAX) フレームセット / ¥88,000(+TAX)

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥17,600/ クレジット支払い時:ポイント3%¥6,600)


  

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

 修理に関するお知らせ

 

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00