【MTB】初心者必見!マウンテンバイクの選び方!
by: 龍野旭飛

DSC_0285

 

最近再注目?されてきたマウンテンバイク、

 

スポーツバイクが初めての方はもちろん、ロードバイクのオフシーズン用に

 

購入を検討されている方も種類の多さに驚くと思います。

 

 そこで!今回はMTBの種類を簡単に紹介します。

 


■フレーム形状

 

MTBのフレームは、ハードテイル、フルサスペンション、の二種類に分けられます。

 

「ハードテイル」はフロントのみにサスペンションを搭載します。

 

シンプルな構造で、メンテナンスの容易さや軽さが魅力です。

 

ペダリングロスが少なく比較的フラットな路面が得意です。

 

主にクロスカントリーバイクに多い形状です。

 

「フルサスペンション」は前後にサスペンションを搭載します。

 

高い走破性と安定性を持ち、下りだけでなく、ガレた登りも得意です。

 

 主に下り系の車体に多いですが、ほぼ全ての種類に使われています。

 


 ■種類

 

MTBは、フレーム形状だけでなく用途によってざっくり4種類に分けられます。

 

・クロスカントリー(XC)

 

・トレイル

  

・エンデューロ

 

・ダウンヒル(DH)

 


■クロスカントリー

 

 XCレースなど、起伏の多いコースを走行する為の車体です。

 

主な用途がレース用なので、前傾姿勢が取りやすいジオメトリや、

 

ペダリングロスが少ない構造、軽量性、が得意です。

 

サスストロークはハードテイルだと100mm、フルサスは100~120mmです。

 

フルサスペンションのモデルはマラソンバイクとも言われ、

 

王滝のような長距離のコースに最適です。また120mmストロークモデルは、

 

トレイルバイクのような使い方も出来き、XC~トレイルの中間に位置します。

 


 ■トレイル

 

 

 名前の通り里山などのトレイルを走行するための車体です。

 

前後130~140mmのサストロークを持ち、登りから下りまで幅広く走れます。

 

1台のバイクで幅広くどこでも走りたいライダーにオススメです。

 


 ■エンデューロ

 

 
エンデューロレースを走る為の車体です。
 
150~170mmのサスストロークを持ちます。
 
エンデューロレースはモータースポーツに例えるならWRCなどのラリー競技に近く、
 
複数のタイムアタックステージが存在する長距離コースを走ります。
 
各ステージには特定の目標タイムが設定されており、
 
ステージ間はリエゾン(移動区間)で繋がれます。
 
タイムアタックステージはグラビティ的な性格が強く下りの性能が重視され、
 
リエゾンは主に登りの為登坂性能が重視されます。

 

 エンデューロレースに出場される方はもちろん、

 

富士見パノラマ等の常設コースをメインに、

 

たまにトレイルも走るといった方にもオススメです。

 


■ダウンヒル(DH)

 Santa Cruz BicyclesMTBと聞いて真っ先にイメージされることの多いダウンヒル(DH)。

 

200mm程のサスストロークを持ちます。

 

完全な下り専用バイクなので、登りはもちろん平地の走行もたいへんです。

 

 ダウンヒル競技や常設コースでタイムを求める方向けです。

 


今回ご紹介したのはざっくりとした区分けですが、

 

店頭にご来店頂ければ、用途、予算に合ったバイクをご提案させていただきます。

 

MTBを選ぶ際の目安にして頂ければと思います!

 

 MTBのご相談はワイズロード上野本館まで!

 


 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00