【アイテム】フロアポンプ(空気入れ)って何で専用品が必要なの???
by: 藤枝大樹

Polish_20210218_222135335

 

 

【アイテム】フロアポンプ(空気入れ)って何で専用品が必要なの???

 


 

 

始めてスポーツバイクを購入される方に向けてお送りしているシリーズ第2弾は空気入れです。

 

「家に使ってるのがあるから大丈夫」と言う声が結構な割合で聞くのですが、スポーツバイクには専用の物が必要です。

 

それは何故か、実はシティバイクと比べると様々な点で違う所が多いからです。

 


 

 

まずはバルブの形。スポーツバイクとシティバイクの大きな違いの一つ目がここです。

 

シティバイクのバルブは英式バルブが採用されていますが、スポーツバイクは仏式か米式が使われる事が非常に多いです。それ故にご自宅に今ある物では空気が入れられないのです。

 

次に空気圧です。シティバイクに比べて2~3倍の空気を入れる事になるのでその圧力に耐えられる材質を使った物が必要となります。

 

スポーツバイクで使う空気入れは物にもよりますが15気圧以上の空気を入れる事が可能な物もありますが、ここまでの物は始めは必要ありません。10気圧も入れば日常使うのであれば十分です。

 

以上の点を踏まえて私の独断で選んだオススメ空気入れはこちらになります!

 


 

 

 DSC_0305 

 

PANARACER ワンタッチポンプ ¥4,700 + tax

 

こちらの商品はワンタッチでバルブ取付が出来るという画期的なヘッドをしています。今まである様でなかったバルブに押し込めば固定されるタイプです。

 

DSC_0306

 

ちなみに仏式(青)の反対側は英式バルブに対応しています。

 

DSC_0307

 

米式に使うにはこのアダプターを使って英式に変換して入れます。

 

 DSC_0309

 

気圧計は約11BARまで刻まれており、他の物とは違いKPA(キロパスカル)の表示があります。

 


 

 

DSC_0298

 

 

BONTRAGER PUMP CHARGE EURO NEW ¥3,960 + TAX

 

こちらはスタンダードな製品で、バルブに差し込んでレバーを起こして固定してから空気を入れる物です。

 

DSC_0299

 

差し込み口2つで仏式、米式、英式全てのバルブに対応します。

  DSC_0300

 

こちらも気圧計は11BAR、160PSIまで刻まれているごくごくスタンダードなタイプになります。

 


 

 

DSC_0301

 

LEZYNE SPOET FLOOR DRIVE3.5 ¥5,400 + tax

 

もっと高い気圧を管理したい方はこちらがオススメです。

 

DSC_0303

 

DSC_0304

 

こちらのヘッドはバルブキャップを被せる様小さい作りになっており、赤い部分を上下逆に付ける事で仏式と米式に対応するようになっています。小径車などスポークの間が狭い自転車に使うにはうってつけです!

 

 DSC_0302

 

気圧計は何と15BAR(220PSI)まで表示があるのでかなり高圧で入れるようなチューブラータイヤを使っている方におススメです。

 


 

今回紹介したフロアポンプはごく一部の商品になります。予算や使用用途に応じてもっとラインナップはございますので、是非ご相談下さい。

 


 

 

決算セールPOP

 


 

 

 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:

月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~19:00