【OAKLEY】Jawbreakerで富士山3PEAKSにチャレンジ!!【インプレ】
by: 横浜 ウェア館

IMG_5357

 

 

こんにちわ。

Y’s Road横浜ウェア館&横浜店ロードバイクコーナー担当の佐久間です。

 

先日お休みを頂いて、友人達と計画していた富士山3PEAKS

(富士山を一周しながら五合目に至る3つのヒルクライムコースを1日で制覇するエクストリームコース)

にチャレンジしてきました!!

 

今回のチャレンジにあたって、OAKLEY JAPAN様よりJawbreakerをお借りして、

この極限状況でのインプレをしてみたいと思います。

 

 

まずは、出発は7:00に小田原に集合して、

箱根を超えて御殿場から、最初の難関、富士あざみラインを目指します。

 

IMG_5331

 

 

 

登った事がある方はわかると思いますが、

ここは多分、日本で一番険しい峠だと思います。

全長11.5km、標高差1200m、平均勾配10.5%、最大勾配22%

言葉で説明出来ないほどきついです!!

行ってみれば僕の言う事がわかります!!

 

 

もう序盤から勾配が10%ぐらいなので、

Garmin先生を見ないように走ります、

勾配を見ると絶望の数字しか出てこないのでペダリングだけに集中します!!

 

汗だくになりながらもJawbreakerの視界はくっきりで、

レンズが曇ってもすぐクリアになるので良いですね!!

しかもプリズムレンズは霧でも晴天でも視界にストレスが全くない!!

驚きの性能です。

 

 

IMG_5335

 

 

到着した時は雲で暗かったですが、

一瞬だけ晴れましたので富士山が見えました!!

 

 

IMG_5344

 

 

IMG_5349

 

 

何度も富士山に登ってますが、

一瞬ですがこんなに綺麗に見えたのは初めてです。

山の天気はすぐ変わるので、すぐ曇ってしまいましたが。

 

 

IMG_5363

 

 

5合目は20℃ぐらいだったので、体が冷える前に、

下山して、富士スカイラインを目指します。

 

 

IMG_5361

 

 

富士スカイラインは御殿場方面から行くと、

距離約30km、平均斜度5.5%ぐらいで、

ひたすら登り続けます、

一発の破壊力はあざみラインですが、

じわじわと体力を削ってくるのがスカイラインです。

雲行きはどんどん怪しくなってきて、

標高が2000m付近になると霧に包まれておりましたが、

ここでもJawbreakerが大活躍しました、

圧倒的な視界の広さ、汗でずれ落ちてくる心配がないので

ストレスがないです。

僕はコンタクトレンズを着用していますが、

目に風が入ってこないのでゴミが目に入る心配もなく、

走りに集中できます。

 五合目付近に近づくにつれて、

酸素が薄くなってくるので、

ヒルクライムしながら眠くなる事態に遭遇!?

本日二度目の富士山登頂なので疲労が隠せませんが無事

スカイラインの五合目に到着!!

 

 

IMG_5369

 

IMG_5374

 

登っている最中から天気が怪しくなってきており、

霧の中のダウンヒルで、5m先が見えなかったです。

しかも、下っている最中のゲリラ豪雨で生きた心地がしませんでした!!

 

IMG_5373 

 

ゲリラ豪雨が止みそうになかったので、

協議のすえ、最後の峠の富士スバルラインは諦めて帰路につきました。

 

 

IMG_5376

 

御殿場までのダウンヒルも寒くて震えながらで、

ブレーキレバーを握るのも難儀しました。

 

 

IMG_5387

 

 

雨の中、御殿場までの長いダウンヒルを無事乗り越え、

最後の登りの乙女峠までくれば、

あとは自宅のある逗子までは登りはないので、

少し肩の力を抜いて走りました。

天候が良ければ最後の峠の富士スバルラインを走りたかったですね!

 

こんな過酷な状況でもJawbreakerは凄く良かったです。

本当にライダーを助けてくれるサングラスだと確信しました、

プリズムレンズも明るい状況からトンネルの暗い状況まで対応しており、

どのレンズよりも優れております。

ロードバイクに乗っている方でしたら選んで間違いないと思いますよ。

 

 

 

IMG_5437

 

 

ワイズロード横浜ウェア館

tel:045-680-0054

2016/8/16

佐久間