【ビンディングシューズ】フィッティングのポイント
by: 松本真和

ビンディングシューズのサイズを見る際、しっかりと履いていますか?

初めての方以外に、買い替えで探している方も案外気にしていない方が多い印象をうけます。

 

DSC06244

 

最近多い形のシューズと言えばこのタイプ

 

DSC06245

 

ダイアルアジャスタータイプ。

このタイプはフィット感の高いシューズに採用されている傾向がございます。

なので、きちんとサイズを見る時には

 

DSC06247

 

まずベルクロやアジャスターを全部解除。

(前側のベルクロを外さず脱ぎ履きが出来るシューズは大きいことが多いです。)

 

DSC06246

 

足を入れていきます。

 

DSC06248

 

入れたら、かかとに寄せて下さい。

 

DSC06249

 

つま先を上げてかかとに寄せてもOKです。

かかとを叩きつけて履く方もいらっしゃいますが、

カーボンソールが割れるのでお勧めいたしません。

 

DSC06250

 

母指球と小指球がぴったりフィットするように留めて、

 

DSC06251

 

甲の辺りを柔らかくあてつつ、アーチサポート部分のフィット感を高めながら留めて、

 

DSC06252

 

しっかり入れたかかとが抜けないようにぴったりと留めます。

 

DSC06253

 

このダイアルを縛るように(ホールドさせるように)留める方が見受けられますが、

あくまでかかとが浮きにくいようにフィットさせるように留めるというのがベストです。

 

フィット ≒ 柔らかい着け心地

ホールド ≒ 硬く固定されている

 

こんなイメージで表現すると、『フィット感が高いシューズ』は

柔らかめなアッパー素材を使いつつ紐やダイアルアジャスターを

採用しているモデルが多い印象です。

 

という事は、

『引き上げる引き足』

ではなく

『かかとを後ろに引いてペダルから荷重を抜くという引き足』

を使うことで柔らかいアッパーのシューズでも十分ペダリングが出来るわけです。

 

dsc06254

 

ちなみに、ワンサイズ大きいサイズのシューズになると、

黄色の円で表している口の部分も大きくなるので

大きめサイズを使っている方は

『かかとが浮くから締め付ける』

という事をやりがちです。

 

最近のシューズを一度フィッティングされてみませんか?

 

 

ワイズロード横浜ウェア館へ

 

ワイズロード横浜店へ

 

bnr_yokohama

 

8月カレンダー

 

ワイズロード横浜ウェア館 Y’sRoad Yokohama Wearkan
住所:神奈川県横浜市西区桜木町5-26-3桜木町日本堂ビル1F
電話番号:045-680-0054
営業時間:火~金/12:00~20:00 土日祝/11:00~20:00 

月曜定休(祝日は除く)