【春の新生活】初めてのビンディングシューズは歩きやすい方が良い?
by: 高橋恭平

 

 

 

 

ビンディングシューズの導入の相談が多くなる春。

 

暖かくなればサイクリングがしやすくなり、

 

より快適に乗るためにシューズが欲しくなってきます。

 

 

 

 

 

 

そこで悩むのがペダルの規格。

 

 

 

 

 

 

 spd

 

 

 

 

 

 

歩きやすいSPDタイプが良いのか?

 

 

 

 

 

 

 spdsl

 

 

 

 

 

 

効率重視でSPD SLなのか?

 

 

 

 

 

 

まずはどちらの規格のペダルを選ぶか。

 

選んだ規格に対応するシューズを履く必要があります。

 

 

 

 

 

初めてのビンディングシューズだと、

 

歩きやすいSPDシューズを選ばれる方が多いです。

 

 

 

 

 

 

主な理由は、

 

・普段使いで自転車を使っているので、まずはお試しで。

 

・クロスバイクで使いたいので、仰々しいのはあんまり。

 

・シューズがペダルから外れるか不安。

 

といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 cl

 

 

 

 

 

 

SPDタイプのシューズだと金具が露出しないので、

 

気兼ねなく歩行することが出来て手軽に利用できます。

 

普段使い、クロスバイクで、といった要望にはお答えしやすいですね。

 

 

 

 

 

ペダルから外れるか不安な方は、ペダルのばねのテンションが弱く、

 

外しやすくはめやすい組み合わせがSPDタイプには存在します。

 

その分、乗車時の安定感は失いやすいですが、

 

通常のフラットなペダルに比べると効率は向上しますので、

 

あまりデメリットにはならないかと思います。

 

より効率を求めるのであれば、

 

慣れてからSPD SLに変えるのも一つの手ですね。

 

 

 

 

 

 

横浜ウェア館では、

 

スニーカーのような見た目のSPDシューズが人気です。

 

 

 

 

 

 

 ct2

 

 

SHIMANO : CT5

¥12,000-(+tax)

 

 

 

 

 

 

安心のシマノが提案するライフスタイルシューズ。

 

カジュアルですっきりとしたルックス。

 

 

 

 

 

 

 ct

 

 

 

 

 

 

靴底はこんな感じ。

 

プレートを外せば金具を取り付けることが出来ます。

 

SPDタイプのシューズの中では断トツで柔らかいので、

 

違和感なくご使用いただけます。

 

 

 

 

 

 

 mt

 

 

SHIMANO : MT3

¥14,000-(+tax)

 

 

 

 

 

 

こちらはもう少しアクティブな印象のシューズ。

 

トレッキングシューズのような外観です。

 

 

 

 

 

 

 mt2

 

 

 

 

 

 

靴底はCT5に比べてごつごつしています。

 

荒れた路面でも安心して歩くことが出来ますね。

 

 

 

 

 

 

 me

 

 

SHIMANO : ME 4(限定モデル)

¥16,000-(+tax)

 

 

 

 

 

 

こちらは少しスポーティな印象です。

 

アッパーの留め方が紐ではなくダイアルに。

 

より利便性高く、かつ足に馴染みやすくなっています。

 

 

 

 

 

 

 me2

 

 

 

 

 

 

こちらはMT5に似ています。

 

しかし、スポーツ寄りな仕様のためすこし硬め。

 

 

 

 

 

 

と、このようにSPDタイプと言っても種類が豊富です。

 

足に合う、合わないもありますので、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

 

 

IMG_4672

 

 

 

 

 

 

横浜ウェア館ではビンディングシューズ多数取り扱い!

 

お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

2019.2.10  横浜ウェア館  タカハシ