【OAKLEY】PRIZM TRAIL TORCHはオンロードでも使える?明るい視界が好みな方に。
by: 高橋恭平

 PZMTT

 

 

 

 

OAKLEY : JAWBREAKER ¥29,000-(+tax)

OAKLEY : RADAR EV PATH ¥27,000-(+tax)

 

 

 

 

日差しが厳しい八月。

 

この時期はアイウェアの相談が多く、

 

特にOAKLEYは鉄板で、検討されている方が多いです。

 

 

 

 

「PRIZM TRAIL TORCH」は主にトレイルでの活用を想定されたレンズ。

 

以前からあるPRIZM TRAILを進化させた製品です。

 

 透過率が35%とPRIZM ROADに比べて明るめ。

 

 

 

 

 TORCH

 

 

 

 

パッと明るく見せるベースレンズに赤を強調。

 

茶~赤の光がPRIZM ROADよりも強調されていることでより赤っぽく見えます。

 

 青や緑も強調しているためよりメリハリがきいた視界に。

 

 

 

 

 PZRD

 

 

 

 

こちらは定番のPRIZM ROADレンズ。

 

グレーベースのPRIZM BLACKと比べると赤っぽく見えるのですが、

 

TRAIL TORCHと比べると優しい視界に感じられます。

 

目なじみの良さはROAD、メリハリのきいた視界はTRAIL TORCHです。

 

 

 

 

 PZLL

 

 

 

 

かなり明るいレンズにLOW LIGHTがありますが、

 

こちらは透過率75%なので日中は厳しいという方も。

 

そんな方には35%のTORCHはベストチョイスと言えるかもしれません。

 

ちなみにトンネルはどうか、といいますとやはり暗いです。

 

個人的には怖く感じます。

 

光量が極端に少ない場合は素直にLOW LIGHTを使うのがいいです。

 

 

 

 

TRAIL TORCHは、明るいけれど日差しのまぶしさを抑えます。

 

最良のパフォーマンスを発揮するのはオフロードのフィールドですが、

 

オンロードでも活用できるレンズです。

 

ただし裸眼からの見え方の違いが顕著なレンズと言えるので、

 

ROADやBLACKをかけなれている方は慣れが必要です。

 

見え方の好みがありますので、ぜひ店頭でかけ比べていただければ。

 

 

 

 

OA

 

 

 

 

 横浜ウェア館ではOAKLEYアイウェアを強力展開中。

 

ぜひご相談くださいませ。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

2019.8.13  横浜ウェア館  タカハシ

 

 

 

 

bnr_sss_wear2019_711_280 (1)