【 トゥーカバー】つま先の冷え防止に! 色々揃ってます!
by: 櫻庭義典

皆さんこんにちは!

横浜ウェア館です。

 

 

そろそろ12月になりますが気温の面では完全に冬時期です。

 

雨が続くのもあり10℃を下回るのも珍しくなくなってきました。

 

 

ライド中も足先の冷えが気になるのではないでしょうか?

 

それを解決するのが今回のトゥーカバー!

メーカーによって名称が違ったりしますがここではトゥーカバーに統一します。

 

SPD-SLなどのロードバイク向けシューズにはソールなどに大きな通気口があり、

それが夏場のムレを防いでくれていますが、

冬は一転寒さを取り込んでしまい冷えにつながります。

 

 

そこで横浜ウェア館にあるものを集めてみました。

 

IMG_1018

 

6つのメーカーが集まりましたが

大きく分けて3種類に分けられるでしょうか。

 

 

ひとつはネオプレーン系

CASTELLI、MAVIC、KAPELMUURがこれに当てはまります。

 

IMG_1019

 

左から

CASTELLI TOE THINGY 2  ¥2,100+税

 

MAVIC TOE WARMER     ¥3,500+税

 

KAPELMUUR TOE COVER    ¥2,600+税

 

 

素材はそのままネオプレーン

ウェットスーツに使われるもので防寒、防水に優れています。

 

 

 

次にGORE-WINDSTOPPER

これはまさしくGOREが当てはまります。

 

IMG_1021

 

GORE GORE-WINDSTOPPER TOE COVER  ¥4,800+税

 

 

今回の6種類の中では最も薄く軽いです。

ただ独自開発の素材というのもあるのかお値段は高めです…

 

 

 

最後にポリエステル系のもの

SHIMANOとPEARL IZUMIがここです。

 

IMG_1020

 

SHIMANO T1100R SOFT SHELL TOE SHOE COVOR  ¥2,500+税

 

PEARL IZUMI WINDBREAK LIGHT TOE COVER     ¥3,500+税

 

恐らくこれが一番歩きを想定している部類でしょう。

名の知れているメーカーと言うのもあり人気です。

 

 

とこれだけの種類がありますが、基本はすべて防風、防水のもの。

素材こそ違いますが大きな差はあまりありません。

 

 

しかし、個人的にはSHIMANOを使います。

理由は簡単安くて歩きやすくて暖かそう!

あと冬用装備はSHIMANOをメインで使うからとそれだけです。

 

 

なので、好みや普段のコーディネートに合わせるのがいいと思います。

しかしその効果は大きく付ければ足の冷え方が大きく変わるはずです。

 

 

蛍光イエローのものであれば夜間の視認性も上がり夜走る方は

CASTELLIかGOREが良さそうです。

 

 

 

ちょっとした温度調整にも使えるトゥーカバー。

皆さんこの冬のお供にどうでしょうか。