タイヤ幅についての個人的な感想!23Cと25C
by: 加藤天汰

皆さん、初めまして!

四月後半ごろから、ワイズロード横浜店で働かせていただいてる加藤です!

まだ新人の中の新人ですが一生懸命働きたいと思います。よろしくお願いします!

 

本題に入りますが、ロードバイクに乗られてる方、タイヤ交換する時ありますよね?

どこのタイヤを使うか、グレードはどれにするか。迷うことがあると思います。

今回はタイヤの幅について、一般的な23Cと最近流行りの25Cについて個人的な感想と比較を書いていきたいと思います。

 

23C皆さんご存知のいわゆる一般的なロードバイクのタイヤですね!

メリットは25Cと比べると軽く、加速は23Cの方が優れているように感じます。

デメリットとしては、振動吸収が25Cに比べると低くパンクしやすく感じました。

あとは、車道の端っこにある排水溝にハマってしまったり・・・

 

25Cは最近流行の少し太めのタイヤですね!データ上だと23Cよりも効率がいいとか・・・

メリットは単純にタイヤの径が大きくなるので巡行は楽にはなります(気持ちレベルですが汗)

後は、もちもちとした感触、優れた振動吸収性、コーナリングのしやすさ、パンクのしにくさは23Cに勝ります!

デメリットは、23Cのメリットに書いた通り、少し重くなって少し加速しにくく感じます。

一番のデメリットは輪行する時にブレーキを開放してもホイールを外せないところだと思います・・・

 

両タイヤ幅ともにメリットデメリットがあるのでこっちが良い!

とは、言い切れませんが、25Cが気になっている方は、一度変えてみてはいかがでしょうか!?

一部25Cタイヤに適さないフレームがございますのでご注意下さい。

タイヤコーナーは3Fの奥にあります!

 

以上。タイヤ幅についてのお話し、加藤でした!