バイオレーサー5000のポジションを乗り込んでみました。
by: 東貴裕

こんにちはワイズロード横浜店の東です。

 

バイオレーサー5000のポジションで

乗り込んでみました。

 

私が今、乗っているバイクが

FUJI TRANSONIC SL

SIZE 49

2

IMG_0677

ジオメトリー表の推奨ステムが90mm

 

IMG_0679

バイオレーサー5000の推奨ステムが120mm

サドル後退幅が11mm

サドルを目一杯、前に出して

ぎりぎりセッティング出来ました。

 

落差、ステム角はそのままで

一気にステム長+30mm!?

正直、半信半疑でした。

 

サドルをいくら前に動かしたからと言って

これはながすぎでは?と思いつつ

3tのステムを購入しセッティング。

 

跨ってみると数名のスタッフから

ハンドル遠くない?

ステム購入は早まったでしょ。

との声が!

 

かなり不安を煽られましたが

ステムを買ってしまった以上

こちらも意地になっています。

ちょうどいい感じがします。」とやせ我慢。

 

そのまま休日にロングライドへGO!

IMG_0642

 

前半快調に飛ばします。

向かい風がありましたが

今までより深い前傾姿勢!

ブラケットポジションを横から見ると

上半身がほぼ水平

空気抵抗がいつもより少なく走りやすかったです。

 

ノリノリで飛ばしていましたが

最後の最後で首が痛い!

 

まだ、このポジションに慣れていないだけと我慢し帰宅。

次の休みに再度、挑戦するも結果は同じ。

走りやすいが首が痛い。

 

そこでステム長120mmを諦め

90mmでチャレンジ!

 

やはり、こちらの方が身体が起きる分、

空気抵抗を感じます。

 

しかも、ダンシングするとハンドルが近い!?

 

結局、最後は首の痛みもあり、

すぐに120mmに戻しました。

 

結果、120mmの方が走りやすく

今は慣れて首の痛みもありません。

 

さらに、一番変わったのはペダリングです。

 

今まで踏むのでは無く回すという感じが

いまいち掴めていませんでした。

 

大腿四頭筋

前ももの筋肉を使って

力いっぱい踏んでいる感じでしたが

 

バイオレーサー5000のポジションにしてからは

ハムストリングス

ももの裏の筋肉を使って漕げています。

 

そのため、ペダリングが下死点で減速しにくく

スムーズに回せています。

 

先日、走っているとき

前半、いつも通りスムーズなペダリングが出来ていたのですが

 

突然、ハムストリングスが楽に

大腿四頭筋がつらくなり

ペダリングも上手くいかず

思うように速度が上がらなくなりました。

 

今日は調子が悪いのかと思いつつ車体を見てみると

変えたばかりのサドルが後ろにずれていました。

 

大きくずれたわけでは無かったのですが

そこを直して走り出すと絶好調

今までのペダリングが嘘のようです。

 

バイオレーサー5000では

ちょっとした調整になる事も有りますが

そのちょっとした調整が大きな効果を与えます。

bio_5000_03

サドルの前後位置、ステムの長さ

これらは長い時間をかければ

自信で見つけられるかもしれません。

 

ですが、その間の練習自体は

効果の薄いものになってしまうと思います。

ポジション出しにかかる膨大な時間を考えれば

¥5,000でポジションを見つけられるのは

とても安いと思います。

 

効果には個人差があるとは思いますが

私は速くなりたいすべてのレーサー

バイオレーサー5000を受けて頂きたいです。

 

バイオレーサー5000はご予約制となっております。

ご希望の方はお近くの店舗へお電話ください。

 

 


 

 

ワイズロード横浜店 Y’sRoad Yokohama

住所:神奈川県横浜市西区桜木町6-31日本自転車競技会ビル内1F~3F

電話番号:045-342-4587

営業時間:月~金/12:00~20:00 土日祝/11:00~20:00

 

ワイズロード横浜店へ

 

ワイズロード横浜ウェア館へ

 

bnr_yokohama

 

fulcrum