【バイオレーサー】究極のパーソナルフィッティング「プレミアム」研修を受けて来ました!!
by: 水野真吾

baio_pre_zitugi_171108IMG_3448

 

 

先日、スタッフ東(アズマ)のブログにもありました

 

「バイオレーサープレミアム」

 

我が社のフィッティングシステムの最高峰であるコチラの研修に

参加してきました。

(被験者「アズチャン」は水野が研修生だとは知らず申し込んだ模様 笑)

 

今回の「プレミアム」の研修を受けるのは2回目。普段は5000を施工させて

いただいておりますが、より深いフィッティングの理解を得るために、

また今後当店でも施工できるようなる為、日々精進しております。

 

 

 baio_pre171108IMG_3365

 

 

今回は本社にてバイオレーサー「中の人」こと永平マネージャーの

永平寺の説法ありがたいお話と実技をみっちりと詰め込んできました。

 

スポーツサイクル歴23年を超える水野は若干の試行錯誤はしましたが

ここ10ウン年ポジションを変えていません。不自由していないからです。

身長163cmの自分の中で暗黙の

 

・サドル高さ:640mm前後

・トップチューブ長:520mm以下(500mm~520mm)

・ステム長:100mm前後(上記寸法に依存)

・サドル~ハンドル高低差:60mm前後(あわよくばこれぐらい欲しい)

 

こんなセッティングがあります。試乗する際にもこのサイズ感がでてれば

満足に乗れます。長時間でも。こんなイベントもこのセッティングで走りました。

実際、今回改めて採寸しましたがセッティングは変わりませんでした。

 

しかし、そんな体形の実寸値のみで終わらないのが「バイオレーサープレミアム」

このセッティングをベースにさらに細かく各部を煮詰めていきます。

 

採寸だけでは出ない各関節角度をより理想的な角度になるよう微調整を

繰り返します。これにより理想的な出力が得られるようになります。

 

 

 DSC_5877

 

 

ちなみに施工前はこんな感じの出力波形でした。

(永平マネージャー曰く「モーターか!!」ってお言葉頂きました。ほめ言葉だそうで)

 

 

 DSC_5884

 

 

ちなみに自分の場合は左右の膝関節の角度にばらつきがありました。

右ひざの方が角度が浅いためスペーサーを入れて調整しました。

波形上も右脚の出力が低いのが見てとれます(しかも左膝の具合が良くないのに!)

カント(足裏の傾斜角)は以前より気になっていたのでスペーサーを

入れていましたが、更に一枚追加して結果このような形に

 

 

 DSC_5885

 

 

右脚はかなり修正したことになります。Qファクターも若干広げる方向で

修正しました。結果のグラフは撮り忘れましたが出力の左右差は大分

改善されました。今後、距離を乗り込んで試してみたいと思います。

 

この「プレミアム」理論をしっかりとお客様に還元できるよう

引き続き勉強していきます!!

横浜店では「バイオレーサー5000」好評稼働中です。

フィッター「水野」「山木」が対応致しますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

2017/11/16 水野真吾

 

 


 

<注目情報>

 

 

2017_ysoepinarello_yokohama_05

 

 

現代ロードバイクのパイオニア「PINARELLO」

その輝かしい戦歴は革新の歴史!数多くのスタンダードを

作り出す同社のロードバイクから目が離せません!!

 

 

ツールを制覇し続けるトップグレードバイク「DOGMA」

同DOGMA直系の純レーシングエアロバイク「GAN」

高いコストパフォーマンスと快適性の新作「ANGLIRU」

上位モデル直系のハイクオリティーなカーボンバイクをフルラインナップ!

もちろん専売特許「ONDA」フォーク使用のリーズナブルなアルミバイク

伝統のカーボンバック「NEOR」にフルアルミバイク「PRIMA」もございます。

 

各モデル揃います!モデル選び・サイズ検討もゼヒ横浜店まで!!

 

「PINARELLO」カテゴリページはコチラから >>>

 

 

 

ys yokohama banner

 

 

http://ysroad.co.jp/yokohama/

 

↑ 最新入荷情報 や マル秘特価情報 など各情報はコチラでGET ↑