【スタッフバイク】ワイヤールーティングに困ったらNOKONで解決!
by: 東貴裕

こんにちはワイズロード横浜店の東です。

 

先日、気になっていた

Bontrager Race Lite Aero Handlebar

¥8,241(税抜)に換えました。

 

s-IMG_1712

 

アルミハンドルには珍しいエアロ形状で、

「ラウンド形状と比べ、1時間で23秒短縮できる」

と言うのと、リーズナブルな価格に引かれ決めました。

 

今までは「ハンドルに迷ったらこれ!」と言われる

DEDA ZERO100 コンパクトの外外420mmを使っていました。

 

肩幅が375mmということでこれに近い

芯芯380mmのハンドルが欲しかったので丁度良かったのです。

 

ある程度は予測していましたが、

ワイヤー内蔵ハンドルは付け替えに苦労しました。

しかも、出入り口でアウターワイヤーがガビります。

アウターワイヤーにグリスを塗りたくるという荒業もありますが

神経質な私は気になってしまうので他の方法にしました。

 

s-IMG_1700

 

 

ワイズロード独占輸入のNOKONを使います。

アルミ削り出しの軽量ビーズで、

一般的なアウターワイヤーよりもフレキシブルに動きます。

 

nokon02

 

 

ビーズが抜けないように軽くあぶってラッパを作り、

ビーズを1個づつ通して最適な長さを探っていきます。

 

s-IMG_1703s-IMG_1701

 

これで窮屈な出入り口もクリアです。

ブレーキタッチもかなり改善されました。

アルミビーズなのでハンドルに負けてガビったりもしません。

 

 

s-IMG_1715s-IMG_1714

 

作業後に気付きましたが、

ここは付属のよりフレキシブルに動く

短い方のビーズにすれば良かったです。

 

s-IMG_1711

 

 

 

フレームの構造上、ハンドルを左に切ってから戻すと

リアブレーキワイヤーが変なところにとどまってしまうのは、

Vブレーキ用のリードパイプで解決。

これは同じ位置にリアブレーキワイヤーを通す

SUPERSIX EVOやCAAD10なんかにも応用できます。

 

s-IMG_1713

 

 

自分で全部やった風のブログになってしまいましたが、

先輩方の知恵とお力をお借りしました。(笑)

自分一人では上手く行かず、イライラしたので

ワイヤーを減らせるSRAM RED e Tapを買う寸前でした。

 

 


 

<注目情報>

 

 

2017_ysoepinarello_yokohama_05

 

 

現代ロードバイクのパイオニア「PINARELLO」

その輝かしい戦歴は革新の歴史!数多くのスタンダードを

作り出す同社のロードバイクから目が離せません!!

 

 

ツールを制覇し続けるトップグレードバイク「DOGMA」

同DOGMA直系の純レーシングエアロバイク「GAN」

高いコストパフォーマンスと快適性の新作「ANGLIRU」

上位モデル直系のハイクオリティーなカーボンバイクをフルラインナップ!

もちろん専売特許「ONDA」フォーク使用のリーズナブルなアルミバイク

伝統のカーボンバック「NEOR」にフルアルミバイク「PRIMA」もございます。

 

各モデル揃います!モデル選び・サイズ検討もゼヒ横浜店まで!!

 

「PINARELLO」カテゴリページはコチラから >>>

 

 

 

ys yokohama banner

 

 

http://ysroad.co.jp/yokohama/

 

↑ 最新入荷情報 や マル秘特価情報 など各情報はコチラでGET ↑